自己紹介

【名前について】
「Sara」は旧約聖書の創世記に出てくる、サラ(アブラハムの妻;「プリンセス」の意)からきている。
Saraは私の英語名である。

【Background】
2001年~2007年まで米国留学。2008年1月に日本へ帰国。
ミシガン州立大学(ミシガン州)にて心理学とアフリカ文化学を学ぶ。

当時の夢》
「臨床心理士、またはソーシャルワーカーとして現場で働きながら、講師として大学で教育に携わること」

《現在の夢》
生活の中での幸せを一つ一つ大切にしながら生きていきたい、と思う。そして、世界中のアクロメガリー(先端巨大症)の仲間たちの輪を広げていきたい

【お仕事】
某医療系メーカーに勤めており、一応はMR(医薬情報担当者)。
しかし、MRと胸を張って名乗るほどの知識は無い。
実際に現在は現場でのMR活動は行っていない。
主にイントラのメンテ、データ集計、資料作成、論文検索、論文翻訳、通訳などといった仕事を任せられている。
今の勤務体系が身体にはキツく、これからどう働いていこうか真剣に考えている。

【よく出没する場所】
(JR東日本)山手線の「下」のほう。

【よく使う電車】
山手線、京浜東北線、総武(緩行)線、横須賀・総武快速線、大江戸線、浅草線、三田線、京急線

【患者会】
Acromegaly Community、Facebook の Acromegaly Support といった患者会のメンバー。日本では下垂会(下垂体患者の会)の会員。

一患者としての取材、原稿執筆、イベントのお手伝い等に関して、出来る限りお応えしたいと思っております。ご希望の方はどうぞお気軽にご連絡下さい。

【内分泌】
2007年3月に先端巨大症と診断、同年4月に手術(TSS)を受ける。現在は薬物療法(サンドスタチンLAR)を行っており、IGF-1のコントロールは良好である。

【心身医療】
術後、うつ病を発症。
現在、双極性障害とAD/HD(注意欠陥多動性障害)を治療中。
ラミクタール、エビリファイ、ストラテラで安定している。
摂食障害・自傷行為の既往があるが、現在は寛解。

【婦人科】
機能性月経困難症を治療中。
ヤーズ(低用量ピル)で、かなり楽になったが、まだどうしても月1日だけは寝込んでしまう。

【趣味】
華道 - 古流の師範。月3回、お稽古に通っており、毎月、審査会にも参加している。
鉄道 - 「音鉄」で、発車メロディーや接近メロディーが好き。JRと京急が特にお気に入り。京急の KEIKYU BLUE SKY TRAIN を見ると興奮する傾向がある。仕事中に電車の話題を振ることはSaraには原則禁忌である。
筆記具 - 最近、万年筆にハマっている。綺麗な筆記具、カッコイイ筆記具が好き。

【現在、心がけていること】
①自分の体力の限界を意識する。
②リラックス・休息する時間を設ける。
③感謝の気持ちを大切にする。
④出来ない理由ではなく、出来ることを探して実行していくようにする。
⑤色々なことについて、「自分が選択した」ことを忘れないようにする。

(2013年7月27日更新)