2014年5月23日金曜日

難病法案と児童福祉法改正法案が成立!

難病法案と児童福祉法改正法案が本日(23日)の参議院本会議で可決され、成立しました。

難病対策の法制度としては、昭和47年に「難病対策要綱」が策定されて以来、42年ぶりの大改革となります。


現在、法律に基づかない予算事業(特定疾患治療研究事業)として実施されているものが法律になるということは、本当に大きな意味のあることです。

「難病医療法」の新制度では、難病患者に対する医療費助成の対象疾患を現在の56疾患からおよそ300疾患に増やし自己負担も原則3割から2割に引き下げられます。これにより、助成対象となる患者数は現在のおよそ92万人からおよそ165万人に増える見通しです。

ただし、これまで自己負担のなかった重症の難病患者にも一定の負担を求めるなど、患者によっては、現在よりも自己負担が増えるケースが予想されていたり、600ほどあると言われている難病のうち半分は助成の対象外になる、といった問題もあります。そのため、難病の種類によって差が出てしまうのは不公平だ、という声もあがっています。

施行期日は平成27年1月1日。

確かに上記の問題点もあるので、手放しに喜べないところがありますが、それでも、ようやく法案が成立した、という大改革は大いに歓迎したいと思います。

なお、厚労省の「難病対策の改革に向けた取組について(概要) 」も合わせてご参照ください。


<参照URL>
難病医療費助成の2法律が成立 (NHK)
難病医療法が成立、難病対策42年ぶり大改革 (毎日放送)
難病対策の改革に向けた取組について (厚労省)
難病対策の改革に向けた取組について(概要) (厚労省)

0 コメント:

コメントを投稿