2013年7月27日土曜日

ソマチュリン、試してみました

2007年7月以来、ずっとサンドスタチンLARで治療してきたのですが、副作用の倦怠感に困っておりました。試行錯誤も主治医としてきました。20㎎から10㎎に変更したり、投与頻度を4週毎から7週毎に変更したり…。しかし、どうしても、投薬の翌日から数日は強い倦怠感でどうしようもない感じでした。

なので、ソマチュリンを試してみることに…。

ただ、ソマチュリンを試してみるにあたって、主治医が懸念していることがありました。それは投与後の血中濃度の変化です。

ソマチュリンの方が、血中濃度が一気に上がるのよ。だから、ソマチュリンでかえって具合が悪くなるんじゃないかしら、とは思うんだけど。」

サンドスタチンLARの成分的なもので倦怠感が現れるのであれば、ソマチュリンで改善されるかもしれない;しかし、薬効から来ている副作用であれば、かえって悪化する…。

「どうしようかなぁ…。」
これは悩みます。
しかし、今、すでに辛くて、何も試さなかったら現状が続くわけです。
今回うまくいかなかったら、またサンドスタチンLARに戻せば良いわけですし。

今回試してみて、今後どうするか考えても良いですか?
思い切って頼んでみました。

そして、いよいよソマチュリンの注射です。
針はサンドスタチンLARよりも若干太い、と前回、看護師さんからお聞きしていたので、「痛いんだろうな」と思っていたのですが、見事に裏切られました。全然痛くなかったです。圧がかかる感じはあるのですが、痛みは無かったです。ただ、お薬の注入にかかる時間がサンドスタチンLARよりもかなり長かったです。

注射して、お会計を済ませ、電車に乗ると、なぜかしんどい…。まぁ、「通院疲れ」というものだろう、と思っていたのですが、なんだかいつもと様子が違う感じです。家に帰って早めの夕食を食べたら、疲れがマックスですぐに寝てしまいました。

そして、翌日が大変でした。朝、目が覚めて一番最初に思ったのは「あぁ、今日は駄目だ」でした。頭がガンガン痛くて倦怠感もあり起き上がれない状態。サンドスタチンLARではここまで酷い頭痛は無かったので、これはマイナスです。ただ、この1日、辛いだけで、翌日はケロっとしているので、ソマチュリンの副作用は私の場合、短期集中的みたいです。

さて、どうしようかな?
短期集中的な副作用(ソマチュリン)を選ぶか、だらだらと続く副作用(サンドスタチンLAR)を選ぶか。
なんだか後ろ向きな選択ですね。

そういえば、診察中に主治医が、「あなたはIGF-1は下がっているのに、GHは高いのよね。」とおっしゃっておりました。そうなんです、術後一気に300から8まで下がって以来、どうもそれ以上はなかなか下がらないのです。なので、ソマチュリンでGHもコントロールできたらソマチュリンにしようと思います。

ただ、問題はGHがどちらも同じだったらどうするか、ということ。本当にどうしようかなぁ。悩んでおります。

0 コメント:

コメントを投稿