2013年6月29日土曜日

6か月、原因不明だった咳の原因がようやく解明!

6か月ほどずっと咳が続いておりました。職場の近くの診療所で診てもらっても結局原因が分からず…。メジコン(咳止め)を飲んでも咳が治まらないのです。

特徴としては、
  • 朝と夜に咳が出やすい
  • 横になると特に咳が出やすい
  • 発作的に咳が出る
  • 吐き気が出るほど咳込む
といった感じです。血液検査もしたのですが、こちらは異常なし

もともとは朝と夜、横になった時にだけ出ていた咳が、最近では起き上がっていても出るようになり、お困り度が上がってきたので、いつも本当に困った時に受診する内科の先生に診ていただきました。

すると、先生、「逆流性食道炎でしょう」とおっしゃいました。

えっ、逆流性食道炎から咳なんて起きるの?

どうやら、胃酸が逆流して、それが気管に入ると咳が出るようです。知らなかった!

言われてみると確かに、食べ物や飲み物がしみたり、胸や背中が内部から焼ける感覚がありました。これ、逆流性食道炎の症状だったんだ…。

まずはパリエット(10㎎)で様子を見ることになりました。
飲み始めて2日目ぐらいからでしょうか、気付いたらあまり咳込まなくなっておりました

6か月、原因不明だった咳の原因がようやく分かり、ホッとしました。しかし、この6か月、長かった…。

0 コメント:

コメントを投稿