2012年9月11日火曜日

お味噌汁とご飯の思い出

昨日、職場の朝礼中に立ちくらみがして、しゃがみこんでしまいました。こういうの、ぼちぼちあるのですが、実に3か月ぶり。先輩や上司を心配させてしまいました。

そして、今日も朝から調子が良くなく、体はグッタリした感じ。うつ転しつつあるのかな?とちょっと心配になります。そんな中、帰りにスープのお店で夕食を済ませたのですが、その味にとても癒され、ホッとしました。そして、ふと、術後、髄液漏で苦しかった時にあった、嬉しかったことを思い出したのでした。

(アメリカで)術後、髄液漏を起こしたのですが、その処置(腰椎から髄液を排出する)のため、非常に強い頭痛と嘔気があり、何を食べても戻してしまう、という状態が数日続いておりました。友人のリンは、その私の姿を見て、「日本人は病気の時、どんなものを食べたいものなのか?」と聞いてまわったみたいです。そして、私のICU入院4日目に、お味噌汁とご飯(白米と玄米)を持ってきてくれたのでした。あの時のお味噌汁とご飯の美味しかったこと!今でも忘れられません。

まさか、アメリカで入院中にお味噌汁とご飯がいただけるとは思いませんでした。リンの心遣い、とっても嬉しかったです。今日、スープをいただきながら、そんなことをふと思い出しました。

0 コメント:

コメントを投稿