2012年8月16日木曜日

難病患者への支援策が変わる?

16日、厚生労働省で開かれた専門家会議の中間報告を受け、難病患者への支援策について、抜本的に見直すことが決まりました。
患者の数が少なく治療法がない難病の患者への支援策について、厚生労働省は、現在56の難病に限って対象にしている医療費助成を大幅に広げ、症状が重い患者を重点的に支援するなど、抜本的に見直すことを決めました。(NHK)
具体的には、
  • 現在、56疾患に限られている医療費助成の対象を大幅に広げ、症状が重い患者を重点的に支援する
  • 難病の拠点病院を都道府県ごとに整備する
  • 極めてまれな難病に対応できる病院を国が設置する
ということのようです。

厚労省は年内にも、対象疾患や拠点病院の条件を決定するとのこと。

また、助成対象の難病については、読売新聞に下記のように書かれています。
中間報告では、助成対象の難病について、〈1〉症例が比較的少なく、全国規模の研究でなければ対策が進まない〈2〉原因不明〈3〉効果的な治療法が確立されていない〈4〉患者は長期療養が必要――の4要素に当てはまるものとし、「対象範囲の拡大を含めた見直しには、より公平に対象を選定する必要がある」とした。
私自身、先端巨大症が特定疾患になる前は、「制度の谷間で救われない難病者」の立場も体験してます。月6万円の医療費により、経済的に生活が圧迫され、心身ともに疲弊し、大変に辛かったです。ですから、新しい支援策が、制度の谷間で救われない患者さんを救うことのできる支援策となっていくこと、さらには、制度の谷間に埋もれてしまう患者さんのいない社会になることを祈っております。

<参考URL>
難病患者の支援策 抜本的な見直しへ (NHK)
難病の医療費助成、対象を拡大…厚労省委員会 (読売新聞)

0 コメント:

コメントを投稿