2012年6月3日日曜日

自殺念慮でツラい

今、とっても困っております。

うつ状態から浮上するどころか、疲労でますます悪化しており、自殺念慮も伴うようになりました。
主治医(精神科医)とは「死なない」という約束をしているのですが、とてもとても苦しい状態です。

きっかけは3月上旬からの40日にわたる躁転でしょう。
その時にBDNFを使い果たし、疲労してうつ転。
休む暇もなく日々残業して悪化したところに、5月21日から4日間の出張(20日に移動)。
この出張で疲労は完璧にとどめをさされた感じです。

経過を下に簡単にまとめておきます。


3月上旬から4月の中旬にかけて40日の軽躁状態。
     ↓
4月中旬にうつ転。
5月中旬にかけて、うつ状態(中程度)。
     ↓
5月中旬に、うつ状態がさらに悪化。(重度)
出張を強行。
     ↓
5月下旬から自殺念慮あり。


出張の3日目は、既に限界状態でした。
が、無理をし、翌日は起き上がれませんでした。
その日は1時間遅れて、何とか出勤。
出張から帰ってきた翌日はあまりにも疲れていて、体が動かず、仕事にも行けませんでした。
そして、週末はずっと寝て過ごし、翌月曜日は受診してから午後に出勤。
先週、1週間は這うように職場に行っておりました。

上長の方々にも心配され、無理はしないように、と叱られてしまいました(汗)。
「困った人ですね~」と主治医にも言われる始末。「あなたはセーブしないから。」

そう、私の困ったところ、というのは、長距離走でもダッシュで走り続けようとしてしまうこと。
常に全力疾走なのです。

これでは、やはり参ってしまいますよね。
こんな調子で仕事をするから、ただでさえ疲れやすいのに、さらに疲れが溜まってしまうんですね。
そこに双極性障害が加わると、今回みたいなことになるわけで。

少し肩の力を抜いて、力をセーブする努力をしたいと思います。
力を抜くことも重要な能力なんですね。

自殺念慮、とても辛いですけど、様々な人から「持ち越して下さい」といったメッセージをいただき、なんとか頑張っております。今は何を考えてもネガティブになってしまい、生きる意欲も湧かない状態ですが、また、浮上できると良いな、と思っております。

生きることを諦めないよう、頑張ろうと思います。

2 コメント:

luckyman110 さんのコメント...

彼女は、仕事の傍ら、社会の中で弱い人達の自立を支援したり、平和や幸福のためのお祈りを欠かさずしています。。。知り合った時には、既に、3カ所ほど大きなメスが入っていて、更に、2重、3重の困難もあって、何度も全てを終わらせようとしたそうですが、今では、結構、幸せにやっています。
 ボランティア活動やお祈りは、幸せには効くのかも知れませんね。前向きに頑張りましょう。^___^/

Sara さんのコメント...

luckyman110さん

励ましのコメント、ありがとうございます。
心身の健康を取り戻し、浮上するまでの今の期間は現状維持で手いっぱいですが、私なりに頑張って持ち越すよう努力します。

Sara

コメントを投稿