2012年4月23日月曜日

症状のコントロールは、自分を知ることから

先週の木曜の外勤の疲れをきっかけにうつ転してしまいました。
金曜日は午前半休をいただき、今日は1日休をいただきました。
今回の躁転は40日程度でした。

今回、しみじみと感じたことは、やはり「憂鬱」と「うつ」は全く違う、ということ。
私がうつ状態になると、体が動かなくなります
これが私のうつの、一番の特徴です。
楽しいことが待っていようが、何であろうが、とにかく体が動かなくなるのです。
そして、食欲が全く無くなり、食べられなくなります
全てが億劫で、食べることすらできない状態、といったほうが良いでしょうか。
さらに酷くなると、入浴も出来なくなったりします。

今はかろうじてシャワーが浴びられている状態。しかし、それができなくなるのも時間の問題のように感じられました。

「苦しい…。死にそうな気分…。」
あまり大騒ぎしたくなかったのですが、結局、予約外で受診することに。
ただ、最近は「大騒ぎ」してもせいぜい受診するぐらいなので、随分と落ち着いてきたものです。

診察中…
「あなたは自分のことがよく分かっていないんですよ。」
主治医に言われてしまいました。ごもっとも…。
言われてみれば、確かにうつ転の予兆はあったのですが、「まぁ、大丈夫だろう」と、見て見ぬふりをして、突っ走ってしまいました。
さらには、病気なんて無かったことにしてしまうこともあります
「もう、私は大丈夫!」と思い、病気のコントロールのことなんてすっかり忘れてしまうのです。
本当に主治医のおっしゃる通り、私は自分のことをよく分かっていないですし、また、きちんと自分に向き合えていない時もあります。

確かに、病気のことを忘れていられるのは悪いことではないのですが、症状のコントロールは常に意識しなくてはいけないことなのでしょう。
  • どんな時に悪化しやすいのか
  • 自分の(症状悪化の)注意信号は何なのか
  • その注意信号が見られたら、どうすれば良いのか
今回、主治医と話していて、この3つはきちんと把握しておく必要があると、強く感じました。自分のことを知ることは、症状のコントロールを行っていくうえで、とても重要なことなんですね。

私も、こうした当事者研究を行い、しっかりと対策を練っていきたいと思います。

0 コメント:

コメントを投稿