2012年3月29日木曜日

患者さんがネットで副作用報告

日本でも、いよいよ患者が副作用を報告できる体制を整えるようです。
-----------------------------------------------------------

患者がネットで副作用報告 医薬品の安全対策で試行

独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」は26日、医薬品によって生じた副作用の情報を患者や家族がインターネットを通じて登録できるシステムの試行を始めた。将来、安全対策に反映させることを目指す。

薬事法は、製薬会社や医師らに国への副作用報告を義務付けているが、患者が直接伝える仕組みはなかった。薬害肝炎を踏まえた厚生労働省の検討会が2010年の最終提言で制度の創設を求めたほか、別の有識者会議も今年1月、患者からの副作用情報を活用するべきとしていた。

登録するのは、副作用を起こした医薬品名と、患者の性別、年齢、症状、発症した時期など約40項目。詳しく調べる場合があるため、報告者の氏名や連絡先も必須。

試行期間は決まっておらず、まずは集まった情報を分析し、安全対策への生かし方や、システムの改良を検討する。

登録は、同機構によるホームページ「医薬品医療機器情報提供」(http://www.info.pmda.go.jp/)のうち、「一般の皆様向け」情報にある「患者副作用報告」からできる。
~共同通信社~
-----------------------------------------------------------
日本経済新聞によると、こういったシステムはイギリスとアメリカでは既に導入されている、とのこと(参考)。日本でも、患者さんからの直接的な報告が安全対策に活かされていくと良いですね。

<参考サイト>
副作用情報、患者が直接報告 医薬品機構がシステム運用開始(日本経済新聞)

0 コメント:

コメントを投稿