2012年3月11日日曜日

「まだまだ迷惑かけて下さい」

前回の心身医療科の診察室での一コマ。)

うつ転してから1か月経ち、しかも祖父の死もあり、結構苦しい状態でした。
薬はベースは変更なく、そこに眠剤のエバミール(1~2㎎)を追加。
実は、祖父が他界してからというもの、全然眠れなくて、エバミール1㎎では3時間で覚醒してしまう状態でした。2㎎でちょうど良い感じだったので、いつも頓服する量の2倍、処方してもらいました。

前々回から前回までの診察の間に何度も主治医には連絡しては指示を仰いでいたので、とても申し訳ない思いがありました。それと、「この精神状態であとどのくらい持つんだろう?」という思いもあったので、
「先生、ご迷惑をお掛けしました。」
と一言。

その時の主治医の言葉が泣けました。
「まだまだ迷惑かけて下さい。」

そういえば、以前にも「人間は皆、迷惑を掛けながら生きていくんですよ」なんておっしゃっておりました。

薬の処方だけではなく、こういった言葉も共に処方して下さる精神科医の存在は本当にありがたいです。この時ばかりは、主治医がO先生で良かった、とつくづく思いました。

0 コメント:

コメントを投稿