2012年2月17日金曜日

DaiichiSankyoくすりミュージアム、オープン(東京)

第一三共さんが「DaiichiSankyoくすりミュージアム」を今月3日、東京・日本橋にオープンしました。

薬局新聞  2月15日(水) 配信

『Daiichi Sankyoくすりミュージアム』は、製薬メーカーが運営する無料施設でありながらも、内容は純粋に薬の仕組みや働きなどの解説となっているのは極めて印象的だ。そうした点について同社では「一企業の立場を超え、公共性を有した“くすりの情報発信基地”として活動を行う」と、企業色を極力抑え薬に関する情報提供に注力する姿勢を打ち出している。
お薬が大好きな私は早速行ってみたくなりました!
皆さんもお近くにお越しの際には、お立ち寄りになってみてはいかがでしょうか?
(行ったことも無いのに勧めるのも変ですが)

ホームページ:
http://kusuri-museum.com/

開館時間:
月~金 10:00~17:00
土    10:00~16:00

入館料:
無料

アクセス:
地下鉄銀座線・半蔵門線「三越駅前」 - A10出口 徒歩2分
JR総武快速線「新日本橋」 - 出入口5 徒歩1分

2 コメント:

ふくろう猫 さんのコメント...

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
私は希少ガンといわれるNET神経内分泌腫瘍の患者です。
たまたまサンドスタチンの後発で治験中のパシレオチドについて検索したらヒットしたのがこちらでした。以前、近所の知人が罹患した病気でした。
うつ病について、私の友人が長年付き合っている病気でもあり、ガンを告知された時に患者も家族も陥りやすい状態なので関心がありました。
私のブログにリンク貼っても良いでしょうか?
ブログタイトル「膵内分泌腫瘍と生きる私」です。

Sara さんのコメント...

ふくろう猫さん

コメントありがとうございます。リンクはどうぞご自由に ^^。

ふくろう猫さんのブログも拝見させていただきました。NETのことは「なんとなく知っている」ぐらいの知識だったので、ふくろう猫さんのブログはとても勉強になりました。新しいお薬も、早く承認してほしいですよね。

本当は「難病に負けず、強く生きている姿」が私の理想なのですが…。鬱々としてしまって心が挫けてしまったりと情けない所がありますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿