2012年2月27日月曜日

「あなたの行動パターンぐらい分かります。」

今日、メンタルの予約診療の日でした。
この日は前もってお休みをいただいていたので、午前中はひたすら寝て過ごしました。
予約時間は15:00。

昨日も夜、シャワーを浴びられなかったので、今日の朝は浴びなくては!と思いながらも、実際に浴びた頃には午後になっておりました。やはり、うつ状態が酷くなると、本当に基本的なことができなくなります。シャワー後にペタペタと塗ったピーチのボディーバターの香りに癒されながらなんとか外出の準備を整えていきました。途中、何度も「今日の予約、キャンセルしようかな」と思いながらも頑張ったので、無事、病院にたどりつきました。

診察室に入って行っても頭がボーっとして、先生の言っていることが分からず、何度も聞き返す始末。「お疲れのようですね」と言われてしまいました。

今日の診察では、先生に行動パターンを読まれていて、正直怖かったです。私が黙っていても「〇〇はどうですか?」と訊かれるし…。私は「どうして分かるんですか?」ばかり連発。すると先生は「あなたの行動パターンぐらい分かります。」なんておっしゃる。最近は、隠していても感情や行動パターンを完璧に読まれてしまっているようで、怖い感じです。なんで分かるのかしら?まぁ、4年も私を診ていれば分かるんでしょうね、きっと。

今年の2月14日で、O先生にお会いしてから5年目に突入しました。この4年間、色々ありましたが、本当に良くなりました。最初の2年ぐらいは、色んなことを内緒にしていたんですよね。アメリカでAD/HDと診断されたこと、自殺企図したこと、アメリカで入院中に保護室送りになったこと、自殺念慮がずっと続いていること、摂食障害の既往があること、自傷行為をしていたこと、などなど。

とにかく、あの頃の私は誰にも「ヘビーなメンヘラ」と思われたくなく、「簡単な患者」を演じようと必至でした。(今でも、この傾向は若干残っています。)一方で、うつ状態と自殺念慮を取り去って欲しくてしかたなかったんですけどね。

あの頃は「この先生は、私のことなんて全然わかってくれない!」と思いながらの通院でした。本当は様々なことをきちんと報告していない私が悪いのに、全部O先生のせいにしていたんです。当然、全然良くなりませんでした。それなのに、全然良くなっていないことをなんとなく報告できなくて、それも先生のせいにしていました。仕舞いにはO先生に腹を立てて、「今までお世話になりました。」と言って勝手に通院をやめる始末

最初のころはそんな感じでした。ところが、ある日、思い切って心を開いてみたら、とても良いドクターだと分かり、深く反省したのを覚えています

色々あった4年間…。考えてみたら、「あなたの行動パターンぐらい分かります。」というO先生の発言は何も驚くようなことではないのかもしれませんね。


<過去ログ>
「精神科主治医はどうやって見つけたの?」
うつがしんどい

2012年2月26日日曜日

世界希少・難治性疾患の日(RDD)のご案内 (再掲)

世界希少・難治性疾患の日(RDD)が、とうとう今週の水曜日となりましたので、ご案内を再掲させていただきます。特に今年は2月29日なので、ある意味、本物(?)のRDDともなるので、より多くの方が参加されると良いなぁ、と思っております。

イベントの概要は下記の通りです。
詳細につきましては2012年のRDDのご案内のホームページをご覧ください。
また、当日、近くに来られない、という方はウェブサイトからもご参加できますよ。
----------------------------------------------------------------------------

開催時間:
2012年2月29日(水) 9:00~21:00

場所:
丸の内オアゾ 「OO(おお)広場」東京都千代田区丸の内1-6-4

アクセス:
JR、丸の内線東京駅、東西線大手町駅と地下通路で直結しております。
詳細は下記のサイトをご確認ください。
http://www.marunouchi.com/oazo/04_access/04_access.html

入場料無料

2012年2月24日金曜日

祖父とのお別れ

今週の日曜日(2月19日)、母方の祖父が他界しました
がんを患っていましたが、苦しむことなく眠るように逝ったみたいです。
私は祖父の1番最初の孫で、とても可愛がってもらいました。
私が最後に祖父に会ったのは、昨年の9月下旬にお見舞いに行った時でした(参考)。
あの時、祖父の優しい笑顔を見ることができて本当に良かった…。

もう、この世では一緒では無く、それが私は悲しいのですが、きっと祖父は向こうの世界で安らかな時を過ごしていることでしょう。冷たくなった祖父の手に触れながら、穏やかな表情を見た時、「おじいちゃんは、この世での闘いを立派に闘い抜き、御国へと旅立ったんだなぁ」と妙に納得してしまいました。

またいつの日か再開するまで、しばしのお別れ。私もこの世の闘いをしっかりと闘い抜こうと思います。

おじいちゃん、色々ありがとう。
また会おうね。



讃美歌320番「主よ、みもとに近づかん」

主よ、みもとに 近づかん
登る道は 十字架に
ありとも など 悲しむべき
主よ、みもとに 近づかん


さすらう間に 日は暮れ
石の上の 仮寝の
夢にもなお 天(あめ)を望み
主よ、みもとに 近づかん


主の使いは み空に
通う梯(はし)の 上より
招きぬれば いざ登りて
主よ、みもとに 近づかん


目覚めて後(のち) 枕の
石を立てて 恵みを
いよよ切に 称えつつぞ
主よ、みもとに 近づかん


うつし世をば 離れて
天駆(あまが)ける日 来たらば
いよよ近く みもとに行き
主の御顔を 仰ぎ見ん


<過去ログ>
祖父のお見舞い

2012年2月17日金曜日

DaiichiSankyoくすりミュージアム、オープン(東京)

第一三共さんが「DaiichiSankyoくすりミュージアム」を今月3日、東京・日本橋にオープンしました。

薬局新聞  2月15日(水) 配信

『Daiichi Sankyoくすりミュージアム』は、製薬メーカーが運営する無料施設でありながらも、内容は純粋に薬の仕組みや働きなどの解説となっているのは極めて印象的だ。そうした点について同社では「一企業の立場を超え、公共性を有した“くすりの情報発信基地”として活動を行う」と、企業色を極力抑え薬に関する情報提供に注力する姿勢を打ち出している。
お薬が大好きな私は早速行ってみたくなりました!
皆さんもお近くにお越しの際には、お立ち寄りになってみてはいかがでしょうか?
(行ったことも無いのに勧めるのも変ですが)

ホームページ:
http://kusuri-museum.com/

開館時間:
月~金 10:00~17:00
土    10:00~16:00

入館料:
無料

アクセス:
地下鉄銀座線・半蔵門線「三越駅前」 - A10出口 徒歩2分
JR総武快速線「新日本橋」 - 出入口5 徒歩1分

うつ病を誘発するたんぱく質が特定

今日もm3を読んでいたら、またまた面白い記事を発見してしまいました。

「うつ」誘発、たんぱく質特定…新薬開発に期待
2012年2月17日08時20分 読売新聞
愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所(春日井市)は、体内のたんぱく質の一種に、恐怖や不安の増幅、ストレスによる活動低下など、うつ症状を誘発する働きがあることを突き止めた。
このたんぱく質は「HDAC6(ヒストン脱アセチル化酵素6)」と呼ばれるとのこと。
HDAC6を抑制する物質を与えた時の反応は抗うつ剤を投与した時と似ているそうです。
また、HDAC6の無いマウスは、慣れない環境でも活発に行動しており、不安や恐怖を感じにくくなることも明らかになったとか。

なかなか面白いですね。

今まではセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質で主に説明されてきたうつ病が、今となっては、脳由来神経栄養因子(BDNF)や、扁桃体と外側前頭前野(DLPFC)の機能、といったものからも説明できるようになり、今回はHDAC6というたんぱく質。

今回の発見によって、HDAC6を抑制するメカニズムを持つ、新たな種類の抗うつ剤が開発されるのかしら?などと夢見てしまいます。そうなれば、今までの抗うつ剤で改善の見られなかった患者さんにとっては朗報となるのではないでしょうか。

<過去ログ>

うつ病の新たな治療法・診断法

先日、NHKの「ここまで来た!うつ病治療」の再放送を見ました。
私にとって、とても興味のあるエリアの内容なので、思わず見入ってしまいました。
将来、日本でのうつ病の治療法や診断法も変わってくるのかしら?という期待も湧いてきました。

私は特に、経頭蓋磁気刺激法(TMS)という治療法と光トポグラフィー(NIRS)による診断について関心を持ったので、この2つ絞って書いていきたいと思います。

経頭蓋磁気刺激法(TMS)

薬物療法で改善しない患者さんへの新たな治療法として注目を集めているのが、経頭蓋磁気刺激法(TMS)。これは脳に直接、磁気刺激を与える治療法です。

脳には背外側前頭前野(DLPFC)という場所があるのですが、ここは意欲や判断を司っており、同時に、恐怖や不安を起こす扁桃体を制御する働きもあるとされています。うつ病では、このDLPFCの機能が低下しているそうです。そこで、DLPFCを磁気刺激によって刺激して活性化する、というのがTMSという治療法。

番組では、様々な抗うつ剤を試してきても症状が改善されなかった患者さんが、TMSで劇的に症状が改善されていく様子が示されていました。この治療法、日本ではまだ承認されていませんが、治験を行っている施設はあるみたいです。難治性のうつ病の患者さんのためにも一刻も早い承認を!と思いました。

光トポグラフィー(NIRS)による診断

現在、うつ病の診断は問診によるものです。しかし、これですと、うつ病と症状が似ている双極性障害などとの見極めが難しいところ。例えば、双極性障害の患者さんの中には躁状態が軽く短い人もいます。こういう患者さんはうつ状態の時に受診するので、単極性のうつ病と誤診されやすいのです。しかも、双極性の患者さんを単極性として治療すると躁状態を悪化させてしまい、危険です。そのため、より確実な診断が求められています

現在日本では、施設は限られているものの、問診よりも客観的な診断が行える方法が出てきました。光トポグラフィー(NIRS)という、脳の血流を測定する方法です。これによって、うつ病、双極性障害、統合失調症を客観的に見分けられるようになってきたそうです。まだ、NIRSによる診断が出来る施設はごく少数ですが、こういった方法が広まることで、誤診も減り、より的確な治療を行うことができるようになるのでは、と期待しております

以前、BDNFのお話もしましたが(参考)、BDNFの場合、「病気を見分ける」ということはできません。というのも単極性も双極性も共にBDNFが低下する、という結果になるためです。(もちろん、病気のメカニズムを理解する上では非常に有用だと思いますが。)それとは対照的に、NIRSは3つの病気(うつ病、双極性障害、統合失調症)を識別できますので、そこが優秀です。

TMSもNIRSも、機械導入に伴うコストといった課題もありますが、1患者としては、どちらも(TMSについては、まずは承認が必要ですが、)より多くの施設で導入されることを望んでおります。皆さんはどう思いますか?

<過去ログ>
気分障害の血液検査?
「うつ病克服へのロードマップ」に参加⑤

2012年2月14日火曜日

難病者は生きる力が強い?

職場でm3のメールを読んでいると、面白い記事を発見しました。

健康な人と比較、難病者生きる力強い 「自己超越性」分析、高い結果出る/佐賀
毎日新聞社 2月11日(土) 配信
危機に直面する状況でも生きる意味や目的を見つけ、問題に対処して自分らしく生きる機能「自己超越性」を分析したところ、難病患者は健康な人よりも高い結果が出た。幸福感についても、同様の結果が見いだせたという。
「へぇ~!」というのが正直な意見。
でも、「そういうのもあるかもしれない」とも思いました。
私も病気になってから、
  • 「私らしく生きるためにはどうすれば良いのか?」
  • 「私は人生で何を成し遂げたいのか?」
  • 「私の人生で本当に大切なものは何なのか?」
といったことを、頻繁に自分に問いかけるようになりました。
難病があるからこそ、それを乗り越えて自己実現しようとする力 ― それが私の「生きる力」なんでしょうね。

ただ、この研究結果が見逃している大切なこともあります。それはうつ病などの精神疾患を合併し、生きる気力が無くなっている難病の患者さんたちのこと。難病があるからといって、生きる力が必ずしも培われるわけではありません。中には魂が挫けてしまう人だっているのです。かく言う私も、その中の1人でした。

私だったら、次の研究は「どんな患者さんが自己超越性や幸福感が高くなり、どんな人が逆に生きる力を失うのか」といった内容にします。というか、パーソナリティー&幸福感を研究してきた私としては、とても興味があるところです。

<過去ログ>
「うつ病克服へのロードマップ」に参加②

本命チョコ~私の場合

バレンタインデーですね。
男性に本命チョコと義理チョコの違いって何?みたいなことを訊かれたことがあったので、私の本命チョコについて、書いていきたいと思います。セッティングは「まだ付き合う前で、好意を寄せている男性にチョコを渡す」というご希望があったので、そのシチュエーションで書いてみます。

1.チョコレートにメッセージカードを添える
筆まめな人には義理チョコでも全員にメッセージを付けることもあるようですが、私は面倒くさがりなので、本命以外にメッセージカードなんてつけません。で、せっかくメッセージを付けても、基本シャイなので、「好きです」とかは書けません。付き合っている場合は、「大好き!」とか書いてしまいますが、片想い中の場合、とても告白めいたことは書けないです。「素敵です」とか、そんな言葉を使って何とか好意を伝えようとします。

2.チョコレートの値段は2000円以上
手作りではない場合です。私は、義理チョコは1000円未満としております(物によっては500円程度だったり…)。本命は最低でも2000円、というのが私のポリシー。この辺は女の子によって差が出ると思いますが、いずれにしても義理よりも高いチョコレートが本命です。あと、選ぶのにもかなり時間をかけます。

3.1対1のシチュエーションで渡す
これは絶対です!2人だけの時に直接渡します。

4.笑顔で渡す
中には本命チョコは緊張してしまって、渡すときに無言になってしまう、という女の子もいますが、私は渡すとき、逆に笑ってしまいます。照れ隠しです。緊張を隠すためについつい笑ってしまいます。素直じゃないんでしょうね。それでも、赤面しているかもしれませんが。

5.自分でラッピングする
私、実はこういう作業、大の苦手なんです。なので、ほかの女の子みたいに綺麗なラッピングができません。それでもあえて自分でラッピングします。


こんな感じでしょうか。私は、片想いの本命チョコを、あえて「義理なのか本命なのか分からないチョコ」にしてしまっていたかも。買うチョコレートも有名ブランドをあえて外したり、メッセージカードに「好き」と書けなかったり、ラッピングが華やかでなかったり…。でも、それはそれで良いと思っていたりします。バレンタインが新しい関係のきっかけになれば、それで良いのかな、なんて。

皆さん、素敵なバレンタインをお過ごしくださいね。

2012年2月12日日曜日

RIP Whitney Houston

Whitney Houston、亡くなってしまいましたね。・゚・(*ノД`*)・゚・。

私のNY時代のルームメートがWhitney Houstonが好きだったので、彼女の歌を聴くと、あの頃の思い出が甦ってきます。

Whitneyの歌の中では"If I Told You That"が特に好きです。
この歌、切ない片想いの歌なんですよね。

友達である男性を、気づいたら好きになってしまっていて、その想いを彼に伝えようかしら?でも、もしも彼が自分に想いが無かったら友情まで失ってしまうから、やはりやめておこうかしら?といった想いを描いた歌。

大好きな歌です。ついつい自分と重ねてしまったりします。

Whitney、たくさんの素晴らしい音楽を残してくれてありがとう!
Rest In Peace...

ジョンの It's So Hard

私は心が苦しくなると、なぜかジョン・レノンの「イマジン」のアルバムを掛けっぱなしにしてしまいます。今回は、It's So Hard にハマってしまいました。

この歌も全体としては恋愛の歌ですが、前半が今の私の鬱々としている心を描写しているみたいに感じてしまい、聴いていて思わず苦笑い。

それにしても、ジョンもこんなふうに感じながら生きていたのかな?
-----------------------------------------------------------------------

You gotta live
You gotta love
You gotta be somebody
You gotta shove
But it's so hard, it's really hard
Sometimes I feel like going down

You gotta eat
You gotta drink
You gotta feel something
You gotta worry
But it's so hard, it's really hard
Sometimes I feel like going down

生きなくちゃいけないし
愛さなくちゃいけないし
偉くならなくちゃいけないし
どんどん押し進まなくちゃいけない
でもそれって凄く大変なんだよね、物凄くキツイよ
たまに気が滅入ってしまう

食べなきゃいけないし
飲まなきゃいけないし
何かを感じなくちゃいけないし
心配だってしなくちゃいけない
でもそれって凄く大変なんだよね、物凄くキツイよ
たまに気が滅入ってしまう

<過去ログ>
悲しみを感じる強さ、涙を流す強さ

2012年2月11日土曜日

うつがしんどい

相変わらず食欲がありません。
実際は、「食欲が無い」というよりは「食べるのが面倒」といった方が正しいのかもしれませんが。

3週間で2㎏以上減ってしまいました(焦)。
来週、2診療科受診予定ですが、主治医の先生方に怒られそうな予感。
でも、うつ状態で全てが面倒で、食べることすらできない状態なのに、どうやって体重維持すればよいのか、正直、分からないんですよね。食べたくないのと、うつの億劫感から料理もできませんし。

私がうつ状態になると、基本的なことができなくなります。食事の準備、食事、入浴、家事などなど。許されるなら何もしないでひたすら寝ていたいです。

今週は、2日間、午前休をいただきました。本当は午前休ではなく1日休にしたいぐらいしんどかったです。体を引きずってなんとか出勤しました。上司にとても心配されてしまい、申し訳なかったです。

基本的なことが出来ていない状態で出勤だけしているのも何とも滑稽で、自分ながら笑えます。しかし、そのうち、それも出来なくなるような気がして危機を感じます。

そんな中、来週の月曜日(13日)に診察の予約が入っているのが救いです。あと2日!なんとか頑張って持ち越します。

2012年2月6日月曜日

やっぱり不調

うつ転して以来、実はあまり調子が良くありません。
色々なことに困っております。
  • 体が常にグッタリと重たく感じる
    • 朝、起き上がるのが絶望的に困難
    • 職場からの帰路がとても苦痛;途中で諦めたくなる
  • 食べるのが面倒;食欲も無い
    • 1日1食が多く、頑張ってようやく2食
    • 当然、料理もする気が起きず、全くしていない
  • シャワーを浴びるのが面倒
    • 実は最近、浴びられない日もある
  • 朝の気分の落ち込みが激しい
  • 希死念慮がある
  • 何事にも全くもって集中できない
  • 何もやる気が起きない
  • 何をやっても楽しくない
  • …生きているのが面倒!
何とか次の受診までは持ち越すよう、それだけは頑張ろうと思います。
本当はこういう時にこそ主治医に連絡するべきなんでしょうけどね。
最近、色々とご迷惑・ご心配をお掛けしているので、なんとなく遠慮してしまいます。
こんなこと言ったら、主治医に「えっ、これでも遠慮していたの?」とか思われそうな気もしますけど。

はぁ、早くこの苦しい状況から抜け出したいです。

2012年2月5日日曜日

S&Gの「アメリカ」の思い出

サイモン&ガーファンクルの歌に「アメリカ」という歌があります。
私はこの歌を聴くと、なんとも懐かしい想いに浸ってしまいます。

この歌の内容は、主人公がキャシーという恋人とアメリカを探しに旅に出る、というもの。
「アメリカを探す」とはいっても、歌の内容的には「自分探しの旅」のことなんでしょうけど。

ミシガン州のサギノーからピッツバーグまでヒッチハイクで4日、さらにそこからはグレイハウンド(バス)でニュージャージーへ向かう、という旅程です。私の想像ではありますが、この2人はニューヨーク市に向かっていたのではないでしょうか?

私自身、それこそサギノー市からではありませんが、グレイハウンドで同じルートを通って旅したことがあります。イーストランシング市(ミシガン州;サギノー市よりもやや南)からニューヨーク市までで、20時間ほどかかりました。

イーストランシング(ミシガン州)
~デトロイト(ミシガン州)
~クリーブランド(オハイオ州)
~ピッツバーグ(ペンシルベニア州)
(途中、ニュージャージー通過)
~ニューヨーク(ニューヨーク州)

という旅程。かなりしんどかったです。

「アメリカ」の中で、主人公がニュージャージーのターンパイクで車を数えるシーンがありますが、だいたい、この辺からニューヨークまで混むんですよね。

で、最後、ニューヨークで高速道路をらせん状に降りる手前で、ニューヨークの町が一望できるのですが、あの瞬間が私は大好きでした。もちろん、帰る時はとても寂しい気持ちになるんですけどね。

「アメリカ」と聴くと、あの頃のことを思い出してしまい、、胸がいっぱいになります。

2012年2月4日土曜日

[東京]インフルエンザの流行警報発令

東京都が2月2日にインフルエンザの流行警報を発令しました。
1月26日から「注意報」が発令されましたが、とうとう翌週の2月2日、「警報」レベルを超えました。

東京都福祉保健局によりますと、1定点あたりの患者報告数が、警報基準の30人を超え、今後、10人以下になるまで警報状態が続く、とのこと。

都内で流行しているのはAH3(A香港型)で、都内でのインフルエンザ感染の約9割を占めているそうです。

皆さんも手洗い・うがいを励行し、食生活・生活リズムに気を付け、感染対策を取って下さいね。

<参考ウェブサイト>
インフルエンザの流行警報発令!
インフルエンザ急増、東京都全体で警報レベルを超える