2012年1月31日火曜日

軽躁状態から一気に落ちた!

ここ10日ほど、「絶好調」な状態でした。
唯一、気になったのは眠れないこと。
でも、眠らなくても疲れないし、眠くもならなかったんですよね。
実際に、眠りたいとも思わなかったですし。

それでも、「マズイかも」という自覚はあったのでエバミール(眠剤)を飲んで3~4時間の睡眠は何とか確保しておりました。

気になったので主治医に報告すると、「躁状態かもしれない」「あとから大きなうつが来るかもしれない」「薬を増やしてでも6~8時間の睡眠時間を確保するように」とのこと。とは言われても、6~8時間なんて寝ていられず、4時間がマックス。そんな状態で活動的に色々とやっていたら、日曜の夜、一気に(うつ状態へ)落ちました。
  • 体が動かない。
  • 食欲が全くない。
  • 気分の落ち込みが激しい。
  • 生きているのが面倒くさく感じる。
そのまま、月曜はかなり無理して仕事に行ったものの、よっぽど具合悪そうだったのか、上司に帰されてしまいました。こんなの初めてです。家に着くと、ぐったりと横になって久しぶりにぐっすり寝ました。というよりも、寝ることしかできなくなっていました。

そんな感じで、あまりにも苦しかったので、「やっぱり落ちてしまいました(涙)」と主治医に再度連絡。こんな面倒な患者もなかなかいないのでは?と思い、さらに落ち込みます。話していることも支離滅裂。自分でも何が言いたいのかよく分かりません。頭の中がバラバラな感じ。とにかくよく休むよう指示されました。

そして、今日はさらにうつが酷くて、仕事も休み、1日中寝ておりました。

「絶好調」で眠れなかった時期は、充実していて良かったのですが、そこから一気にうつ転するのは、本当にジェットコースターのようです。軽躁状態からうつ転するのは、何も今回が初めてではないのですが、今回は特にひどいです。こんなことを、今後も繰り返すかもしれないことを考えると、なんだか生きているのが嫌になってきます。

こう悲観的に考えてしまうのも、今うつ状態にあるからなんでしょうけど。

エビリファイを増量したら、少しは楽になってきたので、明日こそは出勤したいです。

0 コメント:

コメントを投稿