2011年11月16日水曜日

奇跡だ!(精神科領域)

たまに「奇跡は本当に起きるんだな」と思うことがあります。

今振り返ると、精神科領域での私の回復は奇跡に近いものだな、と思っております。
実際に主治医まで一緒になって
「あんなに大変だったのに、こんなに良くなるんだもの、凄いことだよね~♪」
と、大変嬉しそうにおっしゃっておりました。

その時、私は口先で
「そうですね~」
と言いながらも、心の中では
「あの~・・・これがあなた(=先生)の治療成果なんですけど。」
と思っておりました(笑)。

確かに、自殺企図までやって、閉鎖病棟に入院して、「もう、絶対に治るわけがない」と思って絶望して、…という状態でしたが、気付いたら、責任のある仕事を任されるまでに回復しました。

一番最初にビックリしたのは、ジェイゾロフト開始時に摂食障害がピタっと治まったこと。そして2回目のビックリ仰天は、ジェイゾロフトを中止し、エビリファイの極少量を追加してしばらくしした時。長年悩まされてきた希死念慮がピタっと消えました

精神科の病でも、本当に治ることってあるんだ!!!

と感激した瞬間でした。

最近では「今日中に、お願いします」という仕事を依頼されることもあります。プレッシャーを感じつつ、残業しつつ、それでも、こなしております。そんな感じですが、摂食障害の症状や希死念慮がぶり返すことは全くないです。

奇跡だ!と思いました。

ただ、再発は絶対に嫌なので、無理を感じたら休む、ということを心がけておりますけどね。 

0 コメント:

コメントを投稿