2011年11月29日火曜日

花は心の鏡②

花は本当に心の鏡だと思います。
かなり露骨に出ることもあって、若干戸惑うことも。

たとえば、下の2つの作品を見比べて見て下さい。
(光の具合で、2枚目が若干見づらいかもしれません。すみません!)



上は儚(はかな)げな感じで、下は堂々とした感じかと思います。こんなに印象が違くても、花材も花器も同じなんですよね。形も、両方とも立体型です。なのに、活ける時の気持ちでこんなにも異なる作品が出来上がります。

ちなみに…、作品として、より成功しているのは下の作品です。

<過去ログ>
花は心の鏡①

花は心の鏡①

花を活けていると、重要な学びを得ることがあります。
ごく最近、そんな経験がありました。

コットンフラワーと赤紫のドラセナ、ピンクのガーベラ、という可愛らしい組み合わせでお花を活けていたときのこと。活け終わってみると、良く言えば、とてもよく「まとまった」作品が仕上がりました。ただ、正確に言うならば、「まとまり過ぎている」んです。

師匠の講評は
  • 全ての花材が均等に入っており、力配分が均等。
  • 空間もなく、綺麗に見せたいところがハッキリしていない。
  • 作品に動きが見られない。面白みに欠ける。
とのこと。
講評を聴きながら自分の作品を見て、「これは、まるで今の私だな。」と思わず苦笑い。

「綺麗に見せたいところ」は「自分が大切に思っていること」を、「空間」は「心のゆとり」を象徴しているように、感じております。そして、「作品の動き」は「心のエネルギーの動き」なのでしょう。

そんなことを思って、この「まとまり過ぎている」作品を見たとき、私は「あぁ、私は自分にとって大切なことをちゃんと把握できていないんだ。だから全てを徹底的にやろうとしてしまう。だから心にゆとりがなくなってしまうんだ。心のエネルギーが動く余裕が、これでは無いわよね。」と思いました。本当に花は心の鏡だと思います。

師匠がさらに講評を続けているのを聴いている時、私の耳には
  • あなたにとって本当に大切なことを大切にしなさい。
  • 全てをやろうとしてはダメです。大切なことに集中するのですよ。
  • 心にゆとりを持ち、心の風通しを良く保ちなさい。
というアドバイスが聞こえているように感じました。

そして、修正を加えたのが、この作品です。
修正を加えても、やはり私の心の佇まいが見え隠れしているように感じます。



2011年11月27日日曜日

「メサイア」による音楽礼拝

昨日、TOEICを受験した後、銀座教会の夕礼拝に集いました。
今週からAdvent(待降節)の始まり。さっそく1本目の蝋燭に火が灯されておりました。
昨日の夕礼拝は通常のものとはことなり、「メサイア」による音楽礼拝でした。

私にとってメサイアは思い出いっぱいの作品です。
ミシガンで聖歌隊にいた時、11番のFor Unto Us a Child Is Bornに苦労したり、最後のAmenのカウントを失いそうになったり、と合唱の初心者である私がとっても苦労した楽曲なので、よく覚えています。そんな経緯もあり、未だに、合唱に関しては楽譜を見なくても歌えるものが多いです。

それだけではありません。下垂体の手術を終え、退院した週末に歌った楽曲の中にもメサイアがありました。2007年4月8日(日)はイースター(復活祭)でした。メサイアからは、少なくとも、Glory To God、Since By Man Came Death、Amen、Hallelujah が選曲されていたように記憶しております。もっとあったとは思うんですけど、よく覚えておりません。というのも、前年のクリスマスもメサイアを歌ったので、記憶がゴッチャになっているからです。

実は、この数日前までは髄液漏で苦しんでいたので、あの日、聖歌隊に混じってメサイアを歌えたことがとても嬉しく、いつもよりも一層心をこめて歌ったのを覚えております。

そして、日本に帰国してお世話になっていた教会での聖歌隊の思い出もメサイアに重なります。下垂体腫瘍・先端巨大症と診断されてから、どん底に落ち、その後、どうにか生き延びられる程度に浮上するまでの思い出が私の中ではメサイアに凝縮されているのです。

そんな思い出に浸りながら昨日、銀座教会のメサイアを聞いていたら、涙がこぼれてしまいました。「色々あったな…。神様、私の痛みや苦悩を担って下さって、本当にありがとう。」
涙を止めようと思えば思うほど、止まらなくなってしまい、困ってしまいましたが、感謝の涙だったので、無駄な抵抗はやめ、流れるままにしておきました^^;

 ちなみに、昨日の音楽礼拝で私の涙を誘ったのはThe Trumpet Shall Soundというアリア(バス)でした。


The trumpet shall sound, and the dead shall be raised incorruptible, and we shall be changed.
ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。

(コリントの信徒への手紙15:52)
この言葉に、とてつもなく大きな救いを感じました。
別に今の生活で、特別不幸というわけでもないのですが、私にとって、今生きているということは、やはり苦しいのです。それでも、終わりの時に主によって私たちは変えられる、ということを知ると、その「終わり」に向かって生きていくことに救いを感じます。その救いを胸に、心に希望の光を灯しつつ、日々を歩んでいければ、と願っております。

2011年11月23日水曜日

ヤーズはPMDDには効いているのですが…

ヤーズ、もうすぐで飲み始めてから1年になりますが、本当にPMDDを大幅に改善してくれたように思います。生理前に感情的になって自傷行為をしてしまったり、過食嘔吐をしてしまう、自殺念慮が酷くなって自殺企図してしまう、ということが皆無になりました。とにかく、あのヒステリックな状態は本当に死ぬほど辛かったので、そこはとても助かっております。

これで本当は満足するべきなのでしょうが、1つ改善されても、やはり次を求めてしまうんですよね。何が不満なのかと言いますと、月経困難症はもっと良くなると思っていたのに、そこまででもなかった、ということ。出血量は減ったのですが、月経痛は相変わらず酷いのです。

ヤーズは1シート28日分で、そのうち、偽薬は4日。私は偽薬の3錠目が月経第1日目となるのですが、この日の辛さといったら…。丸1日布団で過ごすことがほとんどです。体が動きません。頭も痛く、起き上がれません。2日目、3日目も倦怠感が残りますが、この2日間は大丈夫なのです。

私の場合、ヤーズ服用中は、たまに4日間になることがあるものの、大概は3日間で月経は終わります。以前は1週間ぐらいずっと痛かったし、吐くほどだったので、やはり助かってはいるのです。でも、やはり期待が大きかっただけに、第1日目の生理痛は本当に残念というか、何というか…。

暫くはPMDDの改善だけでかなり満足だったのですが、もっと「普通の生活」をしたい、という思いが強くなってきました。あと、第一日目の前日のPMDDのような症状、というよりも、翌日やって来る「恐怖の日」を前に怒り炸裂してイライラ、イライラしているのもなんだか悲しいですし。

次回の診察時にドクターに相談してみます。

2011年11月20日日曜日

見えない障害バッジ/わたしのフクシ。

ツイッターで、少し前に「見えない障害バッジ」というものの存在を知りました。
ウェブサイトには、このバッジが作られた背景について、このように記載されています。
難病、内部疾患、発達障害など、社会で認知されず、福祉政策でも「制度の谷間」に落ち込み、サポートが受けにくい「目に見えない」障がい、困難、痛みをもつ人が数多くいます。

私たち、難病者もそうですよね。「目に見えない」病気の故に、困ったことが色々あります。また、「制度の谷間」にいることによる問題もあります。

例えば、難病者でも国の定める「障害者」ではない場合、就労面に影響が出てきます。発達障害も同様です。そして、難病なのに、「特定疾患」ではない場合、何の助成も受けることができません。さらには、「目に見えない」病気や障害ですと、周りからの理解や援助も得にくい、といったこともあります。

私が困っていることで、今、パッと思いつくのは、
  • 難病があっても、就労支援の制度が無いこと。
    • 今は仕事できているが、病気が原因で解雇されないか心配。
    • 体力がないため、健常者と同じような労働形態は難しいことがある。
    • 専門医がどこにでもいるわけではないので、転勤は難しい。
  • 投薬後、移動中に体調が悪くなっても、誰も助けてくれないことがほとんど。
  • 通院のために有休を使わざるを得ず、他に休みを取れない。
  • 特定疾患から外された場合、医療費が万単位と高額のため、治療を継続できない可能性がある。
といったところでしょうか。

こういう人たちがいるんだよ、ということを広げるために、「見えない障害バッジ」は作られました。
リボンの透明バージョンで、「大切なものは目に見えない」と書いてあります。

啓発用と当事者用があります。
この機会に、「見えない障害バッジ」のウェブサイト、覗いてみてくださいね。

2011年11月16日水曜日

奇跡だ!(精神科領域)

たまに「奇跡は本当に起きるんだな」と思うことがあります。

今振り返ると、精神科領域での私の回復は奇跡に近いものだな、と思っております。
実際に主治医まで一緒になって
「あんなに大変だったのに、こんなに良くなるんだもの、凄いことだよね~♪」
と、大変嬉しそうにおっしゃっておりました。

その時、私は口先で
「そうですね~」
と言いながらも、心の中では
「あの~・・・これがあなた(=先生)の治療成果なんですけど。」
と思っておりました(笑)。

確かに、自殺企図までやって、閉鎖病棟に入院して、「もう、絶対に治るわけがない」と思って絶望して、…という状態でしたが、気付いたら、責任のある仕事を任されるまでに回復しました。

一番最初にビックリしたのは、ジェイゾロフト開始時に摂食障害がピタっと治まったこと。そして2回目のビックリ仰天は、ジェイゾロフトを中止し、エビリファイの極少量を追加してしばらくしした時。長年悩まされてきた希死念慮がピタっと消えました

精神科の病でも、本当に治ることってあるんだ!!!

と感激した瞬間でした。

最近では「今日中に、お願いします」という仕事を依頼されることもあります。プレッシャーを感じつつ、残業しつつ、それでも、こなしております。そんな感じですが、摂食障害の症状や希死念慮がぶり返すことは全くないです。

奇跡だ!と思いました。

ただ、再発は絶対に嫌なので、無理を感じたら休む、ということを心がけておりますけどね。 

2011年11月14日月曜日

世界糖尿病デー:今年もタワー、見に行きました

11月14日は世界糖尿病デーです。この日は東京タワーがブルーのダイアモンドベールになります。
2009年にブルーにライトアップされた東京タワーを見に行っていますが(参考)、去年は見そびれてしまいました。

でも、今年は行って来ましたよ~!


糖尿病のこと、もっと多くの人に知ってもらえるといいな。

<過去ログ>
世界糖尿病デー

2011年11月13日日曜日

ES細胞から下垂体形成

先週、「ES細胞から機能的な下垂体の3次元器官形成に世界で初めて成功」というニュースが飛び込んできました。会社で、m3からのメールでこのニュースを知ったとき、正直、信じられない気持ちでした。「もう、そんなことができる時代になったのか…。」と呆然としてしまったのを覚えています。

 下垂体機能低下症の患者さんにとって、これは本当に希望を与えるニュースだったのではないでしょうか。

ポイントは下記の3つとのこと。
  • マウスES細胞から試験管内で胎児の下垂体の発生を再現
  • 下垂体の立体培養で、下垂体ホルモン産生細胞の試験管内分化に成功
  • 下垂体移植による下垂体機能不全モデルマウスの再生治療に成功
詳細は理化学研究所のプレスリリースをご参照下さい。
リンク先のページをスクロールダウンしていくと、分かりやすく図解されております。
下垂体の発生機序は不明な点が多く、ES細胞などを用いた下垂体形成の試験管内での再現も全く手つかずの状態でし た。今回の研究成果から、ES細胞由来の口腔外胚葉と視床下部組織を隣接して形成さえすれば、自己組織化によりその相互作用でラトケ嚢(下垂体原基)が自 発的に口腔外胚葉から形作られることが実証できました。これは、下垂体の発生機序研究や先天性異常の研究に大きく役立つ学術基盤といえます。
また、ラトケ嚢を形作る下垂体前駆細胞は、その後の培養条件によって多様な下垂体ホルモン産生細胞を生み出し、「人 工下垂体」を形成できることが分かりました。特に、ACTHの分泌については、生体と同様の機能性を持つことも証明し、再生医療などへの応用の技術基盤を 確立しました。

へぇ、なかなか興味深いですね。

論文のほうはこちら↓
Suga, H., Kadoshima, T., Minaguchi, M., Ohgushi, M., Soen, M.,Nakano, T., Takata, N., Wataya, T., Muguruma, K., Miyoshi, H., Yonemura, S., Oiso, Y. & Sasai, Y. (2011) ‘Self-formation of functional adenohypophysis in three-dimensional culture. ’Nature ; doi, 10.1038/nature10637 

あと、下垂会のはむろさんも、このニュースについての記事をブログにアップされているので、ご参考に読んでみては?

<はむろさんのブログ>
マウスES細胞から機能的下垂体を立体形成
再生医療へ研究の進展ぜひ
自己組織化
SFEBq法
生への希望、朗報

2011年11月10日木曜日

私の診療ノート(精神科編)

前回は身体科の診療ノートについてお話しました。
実は私は、身体科と精神科の診療ノートを分けています。とは言っても、A5用のノートカバーを使って、1冊になっておりますが。

2010年に入院したあたりからノートをこのように分け始めました。精神科領域の症状がとても重かったので、通院頻度が高く、あっという間に1冊が終わってしまっておりました。これですと、身体科の記録を追うのが難しかったのです。

さて、精神科のノートですが、これは身体科のものとは形式も異なります。

精神科の診療ノートには、気になっていることを順番を気にせず、日頃から気付いた時に書き込んでいきます。 この時、日付をきちんといれるようにします。

そして、診察前日に、まとめます。
報告事項を、下記の5つに分けます。
  • お薬
  • 改善点
  • 困っていること
  • 質問
  • その他報告
お薬
 
まず初めに
  • 現在のお薬(種類、用量、飲み方)
    • 例)ストラテラ(25mg)AM
  •  残っているお薬(種類、数量)
    • 例)エビリファイ(3mg)4錠 
の2つを記入。もしも前回処方時と現在服用の用量や飲む時間帯が異なっている時には、変更のあったお薬が目立つように印をつけます。

次に、お薬を飲んでいて気付いたこと・気になったことを書いていきます。私は、副作用、効果、服用に問題が無いか、服用に抵抗が無いか、自分がそのお薬を続けたいと思っているか、などを書いていますが、このプロセスが一番楽しいです。「~を飲むと眠い」「~を飲んだら気分が安定した」「お薬はなるべく朝1回で済ませたい」など色々と書きます。

改善点

精神科の治療では、悪いことに目が行きがちのような気がします。なので、あえてこの項目を作ることで、良い面に目を向けよう、という作戦です。あとは、実際に改善点があるのに、気付かないこともあるわけですが、この項目を作ることによって、そういった所にも目が行くようになります。

まぁ、何もない時は「特になし」で良いと思いますけどね。しかし、実際に心が元気になってくると、この欄が大きくなってきます。それを自分で読むのも楽しいですし、こういったことを主治医に報告すると主治医も喜んでくれます。自分のモチベーションだけでなく、先生のモチベーションもあげられるのでは?なんて今では考えております。もちろん、当初はそこまで考えておりませんでしたが。

困っていること

症状や、生活上困っていることを書いていきます。「欠勤が多い」「眠れない」「焦燥感が辛い」「希死念慮で苦しい」といった感じです。お困り度数をつけていくと、診察する先生も助かるかも。

質問

先生にお聞きしたいことをここに書きます。

その他報告

上記のいずれにも該当しない事項をここに記入します。


とまぁ、こんな感じで準備していきます。
そして、診察中・診察後の流れは身体科の診療ノートと同じ(参考)。

最近は良い報告が多くて、「改善点」の欄に時間がかかり、嬉しい悲鳴だったりします。
絶不調の時は「困っていること」があまりにも多くて、そこに時間がかかっていたのですが。

精神科の診療ノートは、確かに治療の記録なのですが、同時に「成長の記録」的な側面もあって、後で読み返すのもなかなか面白いですよ。

<過去ログ>
私の診療ノート(身体科編)

2011年11月8日火曜日

私の診療ノート(身体科編)

私は医療機関に行く時には必ず「診療ノート」を持っていきます。
お気に入りはA5サイズのもの。
検査結果も縮小コピーして貼り付けております。

このノートについて、具体的にどのように活用しているかについて、書いていきたいと思います。

診察前の下準備
  • 診察日の日付、診療科、時間、医師名
  • 検査結果記入欄の作成
  • 報告事項
    • 気になる症状
    • 症状の改善
    • お薬の効果・副作用
    • 他診療科での状況の簡単な報告
  • 質問事項
  • 次回予約希望日
といったことを記入していきます。
報告事項が多い時は、あらかじめ重要な順に番号をふっていきます

診察中

診察中は色ペンを使って、先生のおっしゃったことをノートに記入していきます。
主に
  • 質問に対する答え
  • 検査結果や、それについてのコメント
  • 報告事項への先生のコメント
  • お薬の変更があれば、それも記入
  • 次回診療の予約日
 といった感じです。

また、報告事項はあらかじめふっておいた番号順にご報告するように心がけます。これは、短い診察時間を有効に使うための工夫です。
そして、報告したものに関してはチェックマークをつけていきます。

診察後の整理

診察中、書ききれなかったことを記入します。
この時、私は
  • 心に残った、先生の言葉
  • 面白かった、先生のジョーク
なども書きます。これは、私の治療へのモチベーションを維持するための工夫です。
そして、自分が思ったこと、感じたことは別の色ペンを使って記入したりしております。
また、医師とのやりとりも書きたい範囲で書いております。

私は特にドクターとの会話のやりとりを書きとめておくのが好きです。後で読むと楽しい、というのが主な理由ですが、真面目な理由は、その時は気付かなかった大切なことを先生がおっしゃっていることもあるから、でしょうか。

あと、自分の気持ちなどを記入する理由ですが、その診察がどんなものだったかを表わすものとなるからです。イライラしていたのか、安心したのか、心配だったのか、といったことを書くことで、私は気持ちの整理をしております。

とまぁ、私の診療ノートはこんな感じの「日記形式」のものなのでした。 自分で読むのは楽しいですが、人様にはあまり見せられない代物かも。


2011年11月6日日曜日

先端巨大症の診断が下るまでにやった検査

先端巨大症と分かるまでに行った検査をズラ~っと挙げてみたいと思います。
  • 血液検査(プロラクチン)
  • 眼底検査
  • 眼圧検査
  • 視力検査
  • 視野検査
  • 視覚誘発電位(VEP)
  • 脳のMRI
  • 血液検査(下垂体ホルモン)
これくらいなものでしょうか。

つくづく「惜しいな」と思うのが、主治医(一般内科)がプロラクチンの検査をオーダーしたあたり。プロラクチノーマを疑っていたそうですが、これが若干ピンポイント過ぎたんですよね。もうちょっと大まかに「下垂体腫瘍」とやっていたら、眼科でゴチャゴチャする前に先端巨大症が見つかったかもしれません。とは言っておりますが、「下垂体の腫瘍」という点では正解だったんですよね。先端巨大症を診断するのは、一般内科の先生にとっては難しいことなので、プロラクチノーマを疑っただけでも、私は「凄い!」と思います。

さて、私が診断を求めて病院に行き始めてから、実際に診断されるまで要した期間は2ヶ月でした。これってやっぱり早いほうなのかしら?2ヶ月でも、私はフラストレーションでいっぱいいっぱいでしたけどね。

2011年11月3日木曜日

ヤーズで血栓リスク増?


【11月2日 AFP】米食品医薬品局(Food and Drug AdministrationFDA)は10月27日、女性用の避妊用品のうち経口避妊薬や避妊リング、避妊パッチなどの一部製品で、低用量ピルより血栓リスクが著しく増加すると警告した。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2838665/8020492

この「経口避妊薬」の中には、ドロスピレノン含有経口避妊薬である「ヤーズ(YAZ)」も含まれております。まぁ、私の場合、先生からリスクについてもご説明いただき、納得したうえでの服用なので、このニュースが出ても、「ふ~ん」ぐらいの反応です。

ただ、血栓のリスクが心配な方で、かつ該当のものを使用されている方は、再度、リスクとベネフィットを秤にかけ、主治医と相談することも必要になってくるのかな、などと思いました。

PMDDと月経困難症の治療に服用しているヤーズ、私は今のところは服用を続けていく予定でおります。ただ、最近、また経血量が増えてきているので、次回の診察では再度見直しをするかもしれませんが。


<過去ログ>
ヤーズを服用して

今度は「親知らず」の抜歯

摂食障害の後遺症で酸蝕歯(さんしょくし)になったわけですが(参考)、こちらの治療も順調にいっております。

初めの1ヶ月は毎週、MSコートを行っていたのですが、その後の3ヶ月は毎月のコーティング、今は3ヶ月ごとのフォローアップだけとなりました。

最近はだいぶ痛みがなくなり、歯磨きもオッカナビックリやる必要がなくなりましたよ。

さて、それに喜んでいたのも束の間、今度は左あごが痛くなってしまいました。早速、先生に報告すると、「あぁ、この歯が邪魔なんですよ。」と言われました。私は口を開いているだけなので見えないので「???」だったのですが、「これは、右上の一番奥の歯を抜けば治ります。この歯はどちらにせよ要らない歯なので、抜いてしまったほうが良いです。それもなるべく早いほうがいいです。顎関節を守るほうが大切ですから。」

つまり、右上の親知らずが問題だったようです。私の場合、顎には親知らずが4本、しっかり生えてくるスペースは十分にあったのですが、下2本がインパクト(斜めに生えてくる)になり、酷く化膿してしまったので抜歯したのでした。

なので、上2本は、ある種「無用の長物」と化してしまいました。初めは問題が無かったのですが、最近はどうも悪さをしているようです。

早速、来週に抜歯することになりました。
「上は楽ですよ。」と先生が仰っていたのでホッとしました。
実は右も痛いことがあるのを伝えるのを忘れてしまいましたが、最終的に右上も抜くことになるかもしれません。

顎の痛みで頭まで痛いので、今回、抜歯が待ちきれません。
楽しみではないのですが、早く済ませてしまいたいです。

<過去ログ>
摂食障害の思わぬ後遺症

2011年11月1日火曜日

大切に覚えている言葉

「あなたは生まれてきたんだから、生きていて良いんだよ。」

今では私もすっかり良くなったわけですが、事あるごとに思い出すのが、主治医(精神科医)のこの言葉。

本当は「生きないとダメ」が正しいのだと思いますが、「生きていて良い」という言葉はあの時の私には実に的確で、スーッと心に入ってきました。

「生きないとダメ」だと義務感があり、心が一杯一杯の状態の時に聞くと苦しい言葉です。選択の余地がなく、また、かろうじて生きたにしても、「自分で生きることを選んだ」という印象にはならなかったのでは?と思います。

しかし、これが「生きていて良い」ですと、まず、義務ではないので心が楽になります。そして、「生きていて良い」という言葉には、その人の存在を肯定する力があります。実際に、この言葉を言われた時、私は「生きるに値する存在なんだよ」と同義に感じました。さらに、なんとか生きた場合、「自分で生きることを選んだ」という主体的な印象になります。この時のそんな印象が、後の私に自信を与えてくれたんだと信じております。最終的に、「あの時、私は生きることを選んだ。そして、あの辛い時を乗り越えることができたのよ。大丈夫!私はこれからも生きていける!!うん、生きていこう!!!私は生きるに値する存在なんだから。」という確信・決意に繋がりました。

すっかり良くなった今、希死念慮が無いにもかかわらず、折に触れこの言葉を思い出すのは、こういった自信・確信・決意の元となった言葉だからなのでは?と思っております。

とてもシンプルな言葉なのですが、私の心を支えてくれている大切な言葉です。

<過去ログ>
神経精神科 通院 (7月20日)