2011年10月24日月曜日

「普通」以上を目指して

「最後に過食嘔吐したのはいつ?」
「リストカットは?」

診察中、O先生とこんなやり取りが。
私が答えると、「おっ、もうリカバリーだね!」と仰いました。
あの時の先生、それはそれは嬉しそうでした。

実は私、アメリカでボーダーライン(BPD)と誤診されるぐらい病状が酷かったのです。自殺企図、摂食障害、自傷行為といったものに文字通り振り回されていた私がここまで良くなったことが先生も嬉しかったようです。

その時の会話の中で、「あなたの心がけ次第で、いくらでも良くなりますよ」と先生が仰いました。

そうか!もっと良くなれるのか~♪
そう思えたら、なんだか前向きになってきました。

今までは「普通」になることを目指してきました。
これからは私の基準で、「普通」以上を目指したいと思います。
「いくらでも良くなる」って、つまりは「いくらでも成長できる」っていうことですよね、先生。


<過去ログ>
ストラテラの微調整③~10月13日 診療日記

0 コメント:

コメントを投稿