2011年10月8日土曜日

ストラテラの微調整


エビリファイ開始以来、どうもイライラや攻撃的な気持ちがあって、自分でもそろそろ「どうにか対処しないとマズイな」と思ったので、さっそくお薬について考えました。

エビリファイ(1.5mg)
ストラテラ(35mg)

頭の中に「興奮させる物質」が溢れているような感覚があったので、ノルアドレナリン過多を疑ってみます。しかし、エビリファイの追加で、どうしてノルアドレナリン?とも考えました。そういえば、ドーパミンにOH基がつくとノルアドレナリンなんですよね。

おそらく、私の脳はドーパミンが不足していたから、結果的にノルアドレナリンも足りていなかったのでしょう。そこに、ドーパミンの過不足のバランスをとるお薬(つまりエビリファイ)がやって来たので、ドーパミンが増えた ⇒ 結果として、ノルアドレナリンも増えた ⇒ ノルアドレナリンはストラテラからも補っているので、今度はノルアドレナリン過多になってしまった。

こういうことなのかしら?あまり自信がありませんが。

まぁ、この仮説が正しいのなら、私の体内でのドーパミン→ノルアドレナリンの生合成はうまく行っているのでしょうから、ドーパミンはそのままにして、お薬からのノルアドレナリンを減らすのが妥当、と思いました。なので、ストラテラを10mg減らしてみることに。

エビリファイ(1.5mg)
ストラテラ(25mg)

結果、イライラが軽減しました。食欲も少しは出てきましたし、よく眠れるようになりました。

しばらくはコレで様子を見てみようと思います。
 (主治医には連絡済)


<過去ログ>
お薬の微調整(エビリファイ&ジェイゾロフト編)
ストラテラの量を微調整しました

0 コメント:

コメントを投稿