2011年9月7日水曜日

難病サポート手帳

今日、お家に帰ってきたら、保健センターから郵便物が届いていました。「なんだろう?」と開けてみると、「難病サポート手帳」なるものが。

なんでも、大地震などの緊急時に難病患者が必要な治療を継続することができるように作成したものだとか。

とてもコンパクトでお財布や手帳に入れておくことができ、とても便利です。 
これ、情報の更新などで新たなものが必要になった時はまた貰えるのかしら?

あと、自立支援の患者さんにも似たような手帳が行くといいと思います。
(私も自立支援の受給者証、持っております)

私は緊急時は内分泌よりも精神科の治療のほうが大変になるので。

難病も大切ですが、精神科の患者さんも大切にしてくれるといいな。





0 コメント:

コメントを投稿