2011年7月11日月曜日

リボトリール、まだ供給に課題?

「申し訳ございません。リボトリールなんですが、震災の影響で欠品しておりまして・・・」
調剤薬局でお薬を待っていると、薬剤師さんがこのように患者さんにご説明なさっているのが聞こえてきました。 そうそう、私も同じ説明されて、結局、同等品のランドセンにしてもらったのよね。

リボトリールは中外製薬、ランドセンは大日本住友製薬が製造しています。どちらも「クロナゼパム」という薬剤です。
2011年3月11日に発生しました東日本大震災で、委託製造会社が被災したことにより、「リボトリール錠」の日本国内における安定供給に支障が生じております。 中外製薬のホームページより一部転載)
で、未だに供給が難しいみたいですね。一応、Roche(ロシュ)から緊急輸入しているのですが、私のかかりつけ薬局では今でもランドセンで対応しています。

しかし、アメリカではクロナゼパムはKlonopin(クロノピン)という名前だったので、私にとっては「リボトリール」という名前、あまりピンと来ません。ランドセンはもっとかしら。



0 コメント:

コメントを投稿