2011年7月28日木曜日

サインバルタ、やっぱり駄目

火曜日の朝からスタートしたサインバルタ20mg、結果は散々でした。
今回、このお薬は2回目ですが、1回目の時よりも今回の方が酷かったです。
下記がサインバルタ服用開始からの有害事象。(サインバルタの副作用とは断定はできません)
  • 頭痛
  • 傾眠
  • 全身の筋肉が引っ張られるような痛み
  • 異常な喉の渇き
  • 頻尿(15~30分に1回)
  • 動悸・不整脈
  • 吐き気
  • 肩こりの悪化
  • 無気力
  • 集中力の著しい低下(ストラテラ減量が原因?)
  • 体の震え
  • 仕事に取りかかれない(ストラテラ減量が原因?)
  • 倦怠感
  • 性機能不全
  • ADHD悪化
傾眠が酷かったので、就寝時の服用に変えたら、状況は劇的に悪化!
朝、通勤時に歩きながら眠りそうになってホームから落ちそうになりました。(危ない!)
あまりにも眠くてフラフラ。職場についても眠すぎて頭がグラグラします。

そして、極めつけは頻尿。水分をそれほど摂っていないのに、15分~30分ごとに排尿なので、疲れてしまいました。

「薬でこんなに酷い目にあったのはテトラミド、リフレックス、ヒルナミン以来だわ」と思いながら、今日は仕事を早退しました。

主治医に連絡した時、「サインバルタ飲んで、良かったことって無い?」と訊かれたのですが、私の中では特に無いです。もっとも、こういうお薬って効果が発現するまでに2~3週間かかったりするので、今はまだ副作用しか出てこない時期なのかもしれません。そう分かっていても、あまりにも服用体験がトラウマチックなので、「サインバルタって、飲まなくてはいけないお薬なんですか?」と、不躾な質問までしてしまいました。

先生からはサインバルタを脱カプセルして、10mg服用するよう指示がありました。薬剤師さんとも相談し、その上で再度、自分の意思を確認したのですが、やはり「このお薬、これ以上は続けたくない;怖い」という強い抵抗感・不安があり、結局、先生には「私はジェイゾロフトに戻します」とご報告。

エビリファイ(1.5mg)
ジェイゾロフト(12.5mg)
ストラテラ(35mg)
エバミール(1mg)
リボトリール(0.5mg)


で様子を見たいと思います。

<過去ログ>
再びサインバルタを


0 コメント:

コメントを投稿