2011年7月25日月曜日

ネガティブな感情を表面化させられない

「あなたって本当に損だよね。」
いつの診察だったか、精神科の主治医に言われたことがあります。
うつなら欝っぽくしていないと、周りはあなたが本当はしんどいんだ、って分かってくれないですよ。
このドクターのご指摘、ごもっともなのです。
私の特技(?)は「どんな時でも笑顔でいること」。
幸せそうに振る舞うのは得意です。

逆に「辛い」「悲しい」「しんどい」といった感情を態度で示すのは、とても苦手。
というのも、そういう感情を表面化させたら自分が壊れてしまうような気がするから。
自分が壊れているのを人様にお見せするわけにはいかない、だから一人になった時に一人で泣くんです。

ただ、診察室で主治医の前ですら笑顔の仮面を被っているのは何だかなぁ、と思ってしまいます。
最近では主治医には完璧に見透かされていますが…。
私の演技力は彼の前では通じないようです。さすがは精神科医!!

自分の感情を表面化させる必要のある時にはそうできる強さを養っていきたいです。


0 コメント:

コメントを投稿