2011年7月31日日曜日

私のABC

何のことは無いです。
私の好きなアーティストがたまたま"ABC"と綺麗に収まっているだけ。
実は私は20代後半なのですが、60年代・70年代の音楽が大好きなんです。
そんな私のABCは
  • A:ABBA
  • B:Beatles
  • C:Carpenters
昨日iPhoneをゲットしたのですが、早速、ベートーベンのピアノソナタ、大好きな讃美歌を入れた後、この"ABC"のアーティストも入れたのでした。

1番の癒し系はなんと言ってもCarpenters。あのサウンドとボーカルは心に共鳴してくるものがあります。同じ目線で演奏してくれているカンジ。ただ、あまりにも自分の心の鏡のようだから、最近は聴いていませんでした。でも、やっぱり良いですね。

余談ではありますが・・・
英語を好きになったきっかけはCarpentersなんです。そして・・・私が小学生の頃から患っていた食の問題が実は「摂食障害」という病気であることも気付かせてくれたのはKaren Carpenter。Karenは無くなってしまいましたが、私はすっかり良くなり、命も救われました。亡くなったKarenの分まで精一杯生きたいと思います。

2011年7月29日金曜日

NRI + SSRI ≠ SNRI

サインバルタを中止して、再度ジェイゾロフトに戻し、下記の処方にしたら、とても元気になりました。

エビリファイ(1.5mg)
ジェイゾロフト(12.5mg)
ストラテラ(35mg)
エバミール(1mg)
リボトリール(0.5mg)

ワイパックス(1mg)-中途覚醒時

仕事も、今日はサクサク進みました。
意欲も戻り、勤務時間後、なんと講習会まで参加。
頑張れましたよ!

SNRIで成功したのは、今のところEffexor XR(本邦未承認)だけです。それもストラテラ&ジェイゾロフトのコンボと比べると、若干、お粗末な効き目のように感じます。

今回、改めて感じたのはSNRIはNRIとSSRIのコンボに匹敵するわけでは無い、ということです。なんとなく、2 in 1 の洗髪料(シャンプーとコンディショナーが既に混ざっているもの)とシャンプーとコンディショナーをそれぞれ単体で使うのとでは仕上がりが違う、という例えが私の症例にはよく当てはまるように感じました。

<過去ログ>
サインバルタ、やっぱり駄目

2011年7月28日木曜日

サインバルタ、やっぱり駄目

火曜日の朝からスタートしたサインバルタ20mg、結果は散々でした。
今回、このお薬は2回目ですが、1回目の時よりも今回の方が酷かったです。
下記がサインバルタ服用開始からの有害事象。(サインバルタの副作用とは断定はできません)
  • 頭痛
  • 傾眠
  • 全身の筋肉が引っ張られるような痛み
  • 異常な喉の渇き
  • 頻尿(15~30分に1回)
  • 動悸・不整脈
  • 吐き気
  • 肩こりの悪化
  • 無気力
  • 集中力の著しい低下(ストラテラ減量が原因?)
  • 体の震え
  • 仕事に取りかかれない(ストラテラ減量が原因?)
  • 倦怠感
  • 性機能不全
  • ADHD悪化
傾眠が酷かったので、就寝時の服用に変えたら、状況は劇的に悪化!
朝、通勤時に歩きながら眠りそうになってホームから落ちそうになりました。(危ない!)
あまりにも眠くてフラフラ。職場についても眠すぎて頭がグラグラします。

そして、極めつけは頻尿。水分をそれほど摂っていないのに、15分~30分ごとに排尿なので、疲れてしまいました。

「薬でこんなに酷い目にあったのはテトラミド、リフレックス、ヒルナミン以来だわ」と思いながら、今日は仕事を早退しました。

主治医に連絡した時、「サインバルタ飲んで、良かったことって無い?」と訊かれたのですが、私の中では特に無いです。もっとも、こういうお薬って効果が発現するまでに2~3週間かかったりするので、今はまだ副作用しか出てこない時期なのかもしれません。そう分かっていても、あまりにも服用体験がトラウマチックなので、「サインバルタって、飲まなくてはいけないお薬なんですか?」と、不躾な質問までしてしまいました。

先生からはサインバルタを脱カプセルして、10mg服用するよう指示がありました。薬剤師さんとも相談し、その上で再度、自分の意思を確認したのですが、やはり「このお薬、これ以上は続けたくない;怖い」という強い抵抗感・不安があり、結局、先生には「私はジェイゾロフトに戻します」とご報告。

エビリファイ(1.5mg)
ジェイゾロフト(12.5mg)
ストラテラ(35mg)
エバミール(1mg)
リボトリール(0.5mg)


で様子を見たいと思います。

<過去ログ>
再びサインバルタを


2011年7月26日火曜日

再びサインバルタを

「サインバルタ」って相変わらず変な名前だなぁ、と思ってしまいます。
Cymbalta は「スィンバルタ」と発音するので、本来は「シンバルタ」ですよねぇ。
でも、シンバルタだと似た名前のお薬があって紛らわしいから「サインバルタ」になったとのこと。
何だかサイン・コサイン・タンジェントみたい。(数学)

さて、このサインバルタに再度チャレンジです。
言い出した張本人である主治医、何やら心配そうな面持ち
あなたは微調整が必要なんだけど、これ、カプセルだからさぁ…。
そうですよね。私もそこは心配です。


「えっ、前に試したときってどんなだった?」
「副作用でダメでした。あの頃は副作用に関して、かなり頑固でしたが、今なら多少の副作用なら我慢します。」
と宣言。
では、実際、どういった副作用があったのでしょうか。

当時の記録

H22/06/22の処方(1日量)です。
  • デパケンR(400mg)
  • ストラテラ(20mg)
  • サインバルタ(20mg)←朝食後
元々、デパケンR&ストラテラの処方に上乗せでサインバルタを追加したのでした。
なので、何か奇妙なことが起これば、サインバルタの副作用を疑うことができます。
そして、やはり出たのでした。


有害事象
  • 吐き気(1日目;服用5~6時間後)
  • 腹痛(2日目;夕方)
  • 頭痛(1日目;夕方)
  • 頻尿(1日目;夜~)
  • 異常な喉の渇き(1日目;昼~徐々に悪化)
    • 2日目の夜から急激に悪化。15~30分ごとに排尿なので眠れず。
  • 熱っぽい;ほてり
  • 動悸(約80~90bp/m)
  • 夜中の焦燥感;突然の希死念慮
結局3日目に中止の指示が出ました。
(そのあと、運命のジェイゾロフトちゃんとの出会いがあったわけですが。)


今回の処方に際して思うこと

焦燥感と頻尿の副作用が1番怖いです。
ただ、今回ジェイゾロフトを中止することになったので、ジェイゾロフトに起因する不眠は改善される可能性があるのでは、と期待しております。
また、最終的にストラテラもいらなくなるかもしれない、という考えもあったりします。そうなると、とてもシンプルな処方になって良いですよね。

最初3日間は、よっぽど酷い副作用でないかぎりは、ちょっと頑張って耐えよう!と決心しました。頑張りますよ!!!


2011年7月25日月曜日

ネガティブな感情を表面化させられない

「あなたって本当に損だよね。」
いつの診察だったか、精神科の主治医に言われたことがあります。
うつなら欝っぽくしていないと、周りはあなたが本当はしんどいんだ、って分かってくれないですよ。
このドクターのご指摘、ごもっともなのです。
私の特技(?)は「どんな時でも笑顔でいること」。
幸せそうに振る舞うのは得意です。

逆に「辛い」「悲しい」「しんどい」といった感情を態度で示すのは、とても苦手。
というのも、そういう感情を表面化させたら自分が壊れてしまうような気がするから。
自分が壊れているのを人様にお見せするわけにはいかない、だから一人になった時に一人で泣くんです。

ただ、診察室で主治医の前ですら笑顔の仮面を被っているのは何だかなぁ、と思ってしまいます。
最近では主治医には完璧に見透かされていますが…。
私の演技力は彼の前では通じないようです。さすがは精神科医!!

自分の感情を表面化させる必要のある時にはそうできる強さを養っていきたいです。


2011年7月24日日曜日

緊急シンポジウム うつ病克服へのロードマップ

2011年12月18日(日)にうつ病関連のシンポジウムが開催されます。

緊急シンポジウム うつ病克服へのロードマップ

日時:2011年12月18日(日) 13時~15時(開場12時半)
会場:新宿明治安田生命ホール
東京都新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命ビルB1F(新宿駅西口正面)
  無料・参加自由

がん・循環器病と並ぶ三大疾患である精神疾患。中でも最大の問題がうつ病です。しかし、うつ病を巡るさまざまな情報が飛び交い、私たちは道標を失いかけているのではないでしょうか。私たちが如何にしてうつ病を克服できるか、それが今、問われています。

主催:
  日本うつ病学会
  日本生物学的精神医学会
  日本心身医学会

共催:
  日本精神神経学会
  日本精神神経科診療所協会
  日本精神科病院協会
  日本神経精神薬理学会
  日本統合失調症学会
  日本アルコール精神医学会
  日本臨床精神神経薬理学会
  日本総合病院精神医学会
  日本認知療法学会

詳しくは下記のポスターをご参照下さい。
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/img/20111218.pdf




2011年7月23日土曜日

主治医に電話がようやく繋がった!

今日、再度病院に電話したら、今回は主治医に繋がりました。
とりあえず、今週末は
  • ストラテラを減らす
    • (イライラを減らすため)
  • セロクエル&リボトリールを追加する
    • (鎮静させるため)
ということにしましょう、となりました。
しかし、ストラテラ、40mgから25mgに減らしたら、早速、離脱症状のような頭痛が発生。Effexor XR (SNRIの一種。本邦未承認)の離脱症状そっくりです。これは、どうしようかしら。先生だったら、きっと「無理に減らさない方がいいんでしょうね。」なんて言いそうな気がするのですが…。あまり酷いようだったら、これは元に戻します。

セロクエルとリボトリールについて。
セロクエル、実は嫌いなお薬なんですが、今回は私も「自分の判断能力が著しく低下している可能性がある」という自覚ぐらいはあるので、とにかく主治医の言う通りに服用してみます。

「命を大切にするんだよ。」と言われました…(涙)。
そうですよね、自分の命も大切にしないといけないですよね。
月曜日までなんとか持ち越します!

<過去ログ>
焦燥感がツラくて、消えてしまいたい
焦燥感がつらい


「リカバリー全国フォーラム2011」 受付開始!!


先日ご紹介させていただきました「リカバリー全国フォーラム2011」ですが、受付を開始したそうです。以下はメールからの転載です。

-----------------------

★リカバリー全国フォーラム2011の申し込みを開始しました。

******************************
***************************
リカバリー全国フォーラム2011
~日本の精神保健福祉サービスを”当事者中心”に変革するために~
ことしのテーマは「ピアサポート」!
*********************************************************

リカバリー全国フォーラム2011の事前申込受付を、開始しました。これまでお問い合
わせいただいた皆様、お待たせいたしました。
◆今年のハイライト◆
今年のメインテーマは、「ピアサポートの可能性」です。当事者が仲間(ピア)である当事
者に寄り添い、ささえる、ピアサポートの活動が全国各地で始まっており、様々な形で展
開しています。
記念講演(2日目、9/9、金)では門屋充郎さん(NPO法人十勝圏域障がい者総合支援
センター)に「ピアサポーター」をキーワードにあたらしい「支援」の可能性について語っ
ていただきます。続くシンポジウムでも同じテーマをとりあげ、シンポジストの皆さまに、
それぞれの立場から「ピアサポート」・「ピアサポーター」について意見交換をしていただ
きます。
ファーラムの初日は、基調シンポジウム(9/8、木)からスタートします。「リカバリー」に
ついてフォーラムでのこれまでの議論を振り返りつつ、今後への期待をこめ、さらに語り
合っていただきます。続くトークライブでは、阪神、中越、そして今年3月の東北を含む
東日本で震災を体験された皆さまが登場します。当事者として、何を経験し、何を感じ
たのか、そこから見えてくるものは何なのかを語り合う、対話の場になるよう願っていま
す。
両日とも、午後は様々なトピックをとりあげた分科会が行われます。「リカバリー」につい
て知りたい、語りたい、耳を傾けたいという皆さまのご参加を、心よりお待ちしています。

お申込はインターネットで!
→ https://apollon.nta.co.jp/recovery2011
ファックス・郵送でもお申し込みいただけます
→ 申込用紙に必要事項を記入し、NPO法人コンボ内
「リカバリーフォーラム事務局」までお送り下さい。
電話でのお申し込みはお受けいたしませんのて予めご了承ください

★申込用紙のついた開催案内(A4, 8頁)はこちらからダウンロードできます。
http://comhbo.net/event/pdf_data/rnf_2011_hold_p8.pdf
http://recoveryforum.net/
★チラシ(A4, 両面)のダウンロードはこちらから。
http://comhbo.net/event/pdf_data/rnf2011_2_fly.pdf
http://recoveryforum.net/
※申込は定員になり次第締め切らせていただきます。

フォーラムの最新情報はネットでチェック
リカバリー全国フォーラムのウェブサイト ⇒ http://recoveryforum.net/
ツイッター ⇒ http://twitter.com/#!/recoveryforum

■事務局
特定非営利活動法人地域精神保健福祉機構(コンボ)
COmmunity Mental Health Welfare Bonding Organization(COMHBO)
<担当:桶谷・秋山>
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 / FAX: 047-320-3871  http://comhbo.net


リカバリー全国フォーラム2011は
NPO法人地域精神保健福祉機構が実施する
日本財団助成事業の一環として開催されます。
-----------------------
<過去ログ>


2011年7月22日金曜日

焦燥感がツラくて、消えてしまいたい

引き続き焦燥感が辛いです。
こんなに酷い焦燥感、生まれて初めてです。
辛いからこのまま死のうかな、と思いはじめ、危険信号が赤になったのを感じたので、病院に電話しました。それなのに、4回も電話したにもかかわらず、主治医が捕まりませんでした。

お薬の調整のアドバイスが欲しかったのですが、今まで、当番医の時に薬の調整をして良かったためしがありません。こんなこと書いてしまって申し訳ないのですが、たとえば、変なプライドをもった医師だったりすると、私と口論になってしまいます。「なんで、この医者、私が『ミルタザピンはダメでした』言うとるのに、ミアンセリンを処方するん?あほらしいわ。」とだんだんイライラしてしまい、やっぱり駄目なんですよね。(この言い争いは、かなりのトラウマになっております。)

まぁ、そんな背景もあって、私は主治医を捕まえたかったのですが、今日は無理でした。「もういいや。死んで良い、ということでしょ、神様?」と勝手に解釈しました。

実は、今日の朝、主治医宛に遺書もどきの短いメモを書いてテーブルの上に置いて家を出たのでした。今日は朝から死ぬつもりでいたんです。

何をしても落ち着かない。
ソワソワ、イライラする。
絶望感が消えない。
存在していることが苦しい。
生きているのが、とてつもなくつまらない。
生きているのが面倒くさい。

「死んだら絶対に許さないから」と言ったときの主治医が鮮明に瞼に浮かんできました。
「許して下さらなくても、死んでしまえば関係ないですから。」と吐き捨てた私。
別に「積極的に死にたい」わけではなく、「消極的に消えてしまいたい」だけ。
「どうせ、患者が1人死んだって大したことじゃないでしょ。」とあくまでも冷酷な考えが私の中で堂々めぐりします。

こんな感じだから、やはり明日、予約外でかかったほうがいいのかしら?来週の月曜日に予約診療があるのに、情けなくて…。


「最悪、二度と主治医の顔を見ることは無いかもな。先生、ごめんね。」なんて物騒なことを思ってしまいました。

<過去ログ>
焦燥感がつらい


2011年7月21日木曜日

焦燥感がつらい

ここ数日、恐ろしくソワソワします。そのソワソワ感がツラくて「助けて~!!」状態です。何かしていないと落ち着かないんです。なので、意味も無く仕事に早く行って、遅くまで残っている、なんてことになっています。とにかく、このソワソワ感を忘れたいので、仕事に没頭します。本を読んだり、ショッピングをしたりします。でも、1番最悪なのが、早朝覚醒した時。はっきりいって、あれは絶望感です。

仕事をしていてもジッと座っているのが困難で、落ち着き無く動きながらパソコンに向かっておりますい。帰宅途中、「これから帰宅して、寝るまでの時間、どうしよう?絶望的に退屈!生きていてもつまらない。死ぬまで私はどうやって、この退屈な日常を生きていけばいいのか分からないわ。」という強烈な思いに気付き、ようやく「もっと沈静させないと・・・」と考えました。

とりあえずワイパックス1mg服用。ぜんぜん眠気の副作用は出ませんでした。そして、次第に落ち着いてきます。とにかく「絶望感&焦燥感」というコンボを断ち切らないと、私の場合、また自殺企図になりかねないのです。

ただ、エビリファイのお陰か、いつもはこうなると感情の起伏が酷くなるのですが、今回は割合落ち着いていました。それでも、水面から顔をやっと出して息をしているような苦しさがあります。「エビリファイ、もっと追加したい。」
主治医がいらっしゃる日なら、間違いなく病院に電話していたと思います。(この日は不在)
「当番医に電話する?どうする?」
結局、来週の月曜日の外来まで、様子を見ることにしました。

こんな焦燥感の中、ブックカバーを1つ縫ってみました。


手縫いです。
絶望感を忘れるべく、なるべくコレを作ることだけに没頭しました。デザイン、布地選びを含めて1時間かかりました。出来ですが、自分的には満足です。

来週月曜日の心身医療科の予約まで、まだまだ長く感じますが、なんとか持ち越します

それにしても、どうして私は2週間を持ち越すのに、こんなに苦労するのかしら?

2011年7月19日火曜日

Faith Bear

今年の5月にミシガン滞在中に母教会からいただいたプレゼントです。


Faith Bear というらしいです。
それぞれの色には意味があるそうです。
  • 黄色 - 神様の光
  • - 私たちの罪
  • イエス様が私たちのために流した血
  • イエス様によって私たちが得た新しい命
  • 洗礼
  • 純潔
  • 命の冠
へぇ、おもしろい!
大切にしますね。


2011年7月17日日曜日

生花-リアトリス9本 [A型]

昨日、今日、と体がグッタリしていて「何だろう?」と思っていたら、今日の夕方になってようやく謎が解けました。
「あぁ、木曜日、サンドLARの注射したんだった!寝込んでいないのは奇跡だわ♪」
寝込むかわりに今日は何をしたかというと、華道の月例審査会に行ってきたのでした。
今月の課題は生花でリアトリス9本[A型]


これが、お稽古の時の作品。
リアトリスがスーッと立ち上がっております。足元も綺麗に仕上がっております。

そして、下の写真が今日の審査会での作品。



真(しん)が伸びやかに立ち上がっていて、大らかなのですが、足元が開いております。
う~ん、なんだか気持ちが現れているような気がします。
最近、気持ちが開放的になっているんですよね。
そして、上へ上へと大きく伸びる真(しん)も私の前向きな気持ちが現れています
足元が開いているのが良くないのですが、私自身、この作品、結構気に入っております。
このリアトリスの佇(たたず)まいは、私そのものです。
作品は本当に心の鏡ですね。


リアトリスの花言葉:「向上心」「燃える想い」

両親と久しぶりに

久しぶりに両親とショッピングに行きました。
なんだかとっても嬉しかったです。
母が倒れて以来、両親と3人での外出はこれが初めて。
笑顔、笑い声が絶えませんでした。

それにしても、母の入院を機に家族の中で、お互いを大切に思う気持ちが強まったように感じます。
弟は相変わらず母としか話さないのですが、それでも私にも少し口を聞いてくれるようになりました(!)。
私たちの家族は課題が多いのですが、少しずつ乗り越えていけたら良いな、と思います。


2011年7月14日木曜日

7月14日(木)内分泌内科

IGF-1の私の基準値は137~320ng/ml なのですが、6月16日の測定値は138ng/ml。う~ん、-2SDぎりぎり。

「私のIGF-1、こんなに低くて、(サンドスタチンLAR)20mgでも大丈夫なんですか?10mgとかは?」
と質問しました。すると、こんな答えが。
「このまま(20mg)がいいわよ。だって、あなたのIGF-1が低いのは栄養状態の影響でしょ。GHのコントロールを考えたら20mgだと思うわよ。」

そう、栄養状態が悪くてもIGF-1は下がるんですよね(参考)。腫瘍のコントロールを考えたら、やっぱり現状維持かな?と私も納得したのでした。

診察後、ケアルームで例によってサンドLARの注射。今日は左下。
今日、注射して下さった看護師さん、「Saraさん、痩せましたよね?」と訊いてきました。
「そうなんです、痩せちゃったんですよ~。バテちゃって食欲がなくて。」
「あんまり痩せられちゃうと、注射するのが大変になるから、少し太って(笑)。」
と冗談っぽく言われてしまいました。

サンドLARは、お尻に注射するわけですが、その時、注射部位のお肉をつまんで、そこにブスーっと針を刺します。あまり痩せてしまうと、お肉をつまむのが大変なんですよね。今日の看護師さん、お肉をつまむのに少し手間取っていました。注射自体は相変わらず上手でしたけどね。

食欲不振で1ヵ月半ほどで3~4kgも減ってしまったので、ちょっと取り戻さないといけないですね。最近は食後に腹痛・吐き気があるので、実は食べられていないんです。「食べない」「食べたくない」ではなくて、「食べられない」なんです。

とにかく、来週、腹部エコーと内視鏡があるので謎が解けると良いな、と思っています。


お薬の微調整(エビリファイ&ジェイゾロフト編)

以前にも書きましたが、6月27日(月)にエビリファイを処方していただきました。

先生の処方:
ストラテラ(40mg)
ジェイゾロフト(25mg)
エビリファイ(1.5mg)
エバミール(1mg)
ワイパックス(1mg)

で、きちんとこれ通りに、いつも通り律儀に服用していました。
しかし、またまた7月2日(金)あたりから軽躁傾向で。
4日(月)、5日(火)は「絶好調」過ぎて、「寝たくない!」という思いが強くなり不眠になってしまいました。

抑うつ状態の時は苦痛だった読書が楽しすぎて徹夜で没頭したり、仕事を(午後からですが)バリバリやって18時に帰宅を促されてもやめられなかったり、とちょっとエネルギーレベルが高くなり過ぎていました

そんな感じだったので、5日(火)の夜から、色々とお薬を操作てしまいました。

7月5日(火)
ストラテラ(40mg)
ジェイゾロフト(25mg)
エビリファイ(3mg)↑
ランドセン(0.125mg) 追加
エバミール(1mg)
~根拠~
「エネルギーレベルが上がっても、やっぱり何もかもが面倒」という思いが続く。
エビリファイ1.5mgで意欲向上が見られたので、その効果を期待して増量。
また鎮静の効果を期待してランドセン追加。
ランドセン追加に伴って、ワイパックスは中止。


7月6日(水) 
ストラテラ(40mg)
ジェイゾロフト(12.5mg)↓
エビリファイ(3mg)
ランドセン(0.125mg)
エバミール(1mg)
~根拠~
エビリファイの増量、ランドセンの追加で少しは良いのでそのまま続行。
ジェイゾロフトがなんとなく軽躁状態に悪影響をもたらしているように感じたため、減量。

(この一連の微調整については、7月4日の週にきちんと主治医に報告し、相談しています。)

結果、今が1番ちょうど良い具合です。
最近は会社の出勤率もほぼ100%です
(通院でお休みをいただいたりしているため、100%には至りません)
最近は仕事も楽しい!

こういったことを7月11日の診察の際に先生にご報告したら、一緒になって喜んで下さいました。
先生、いつもいつも本当にありがとう!!!!

<過去ログ>
エビリファイ5日目-ようやく
エビリファイ3日目
エビリファイ2日目
エビリファイ、1日目
エビリファイ開始!


2011年7月11日月曜日

リボトリール、まだ供給に課題?

「申し訳ございません。リボトリールなんですが、震災の影響で欠品しておりまして・・・」
調剤薬局でお薬を待っていると、薬剤師さんがこのように患者さんにご説明なさっているのが聞こえてきました。 そうそう、私も同じ説明されて、結局、同等品のランドセンにしてもらったのよね。

リボトリールは中外製薬、ランドセンは大日本住友製薬が製造しています。どちらも「クロナゼパム」という薬剤です。
2011年3月11日に発生しました東日本大震災で、委託製造会社が被災したことにより、「リボトリール錠」の日本国内における安定供給に支障が生じております。 中外製薬のホームページより一部転載)
で、未だに供給が難しいみたいですね。一応、Roche(ロシュ)から緊急輸入しているのですが、私のかかりつけ薬局では今でもランドセンで対応しています。

しかし、アメリカではクロナゼパムはKlonopin(クロノピン)という名前だったので、私にとっては「リボトリール」という名前、あまりピンと来ません。ランドセンはもっとかしら。



自分の外見について

「外見の変わる病」に罹ってしまった私ですが、最近はそういったことで悩むことが無くなりました。トータルとして見た場合、私の外見は確かにアンバランスなのですが、それでも私は自分の外見が好きだったりします。

自分のことを「キレイ」とは思わないですが、「カワイイ」と感じています。他人がどう思っていても、「自分が気に入っている」というのは当人のQOLというか、精神衛生にはプラスだと思いますよ。

しかし、去年の今頃までは自分の外見が好きになれなかったことを考えると、本当に大きな心の変化だな、と自分ながらに思います。


2011年7月10日日曜日

職場の支えあってこそのリハビリ

6月の出勤率は50%以下でした。
しかし、エビリファイのおかげでなんとかまた出勤できるようになりましたよ。


「また(会社に)来られなくなっちゃうかと思ったわよ。」
職場の衛生管理のSさんに言われました。
いつもは白衣姿の薬剤師さんなのですが、最近は節電の影響か、白衣を着ていませんでした。
「でも、またこうして来ることができるようになったんだから、良かった、良かった!」
Sさんはどこまでも優しい・・・。
いや、Sさんだけではなく、上司も先輩も皆やさしいんです。

こういった職場の理解がなければ、精神疾患からのリハビリなんて無理だったと思います。
「これから30年、働くための土台作りにお前は今、取り組んでいるだけなんだよ。頑張ってほしいけど、焦るな。たかが1年2年、30年を考えたら大したことないんだよ。仕事なんてそんな馬鹿真面目に考えなくていいんだ。うまくいかなかったからって絶望することはない。それはお前だけのせいではないんだから。うまくいかなかったら、その時はまた一緒に考えよう。よし!ゆっくり取り組むんだぞ。」
と優しく言ってくれる上司。「ありがとうございます!」という私の目には涙が浮かんでいました。

こういう温かい支えがあるからこそ、私は毎日「よ~し、今日も頑張って出勤して、少しでも人様の役に立つぞ~!!」と家を出ることができているのです。

最近は職場の人も、私が歯を食いしばるために笑顔の仮面をつけて、元気を装っている時は分かるみたいで、「今のお前の笑顔の何を信じろ、というんだ?」と先輩に言われたりします。これが思いやりだと分かると、「あぁ、今日は歯を食いしばって無理する必要はないんだ。」と分かりホッとします。

だんだん、リハビリも最終段階に近づいています。最後まで「焦らずに頑張る」をモットーに取り組んでいきたいです。


2011年7月9日土曜日

四大疾病が「五大疾病」に!

厚生労働省は7日までに、地域医療の基本方針となる医療計画に盛り込むべき疾病として指定してきたがん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の四大疾病に、新た に精神疾患を加えて「五大疾病」とする方針を決めた。職場でのうつ病や高齢化に伴う認知症の患者数が年々増加し、国民に広く関わる疾患として重点的な対策 が必要と判断した。
(2011年7月8日 提供:共同通信社)
http://www.m3.com/news/GENERAL/2011/7/8/139092/

嬉しいです!!精神疾患に対する人々の考え方も、これを機に良い方向に変化してくれると良いな、と思います。
厚労省が実施した08年の患者調査によると、精神疾患の患者数は約323万人。四大疾病で最も患者数が多い糖尿病(約237万人)を大きく上回り、がん(約152万人)の2倍に上る。

また、年間3万人に上る自殺者の約9割が何らかの精神疾患にかかっていた可能性があるとの研究結果もあり、患者の早期治療や地域の病院、診療所との連携が求められている。
 私もこの323万人の中の1人です。


日本の精神疾患への取り組みを海外と比べて

私は、アメリカと日本の精神医療を経験している患者です。
特にアメリカでは「治療チーム」の一人として、仕事をしておりました。
今は「治療される側」の人間ですけど。

そんな背景をもつ私がまず思うことは、アメリカでの「抑うつ状態」に対する考え方は日本よりもシリアスである、ということ。日本人のように「そんなの誰にでもある」「気力の問題」と簡単に片付けることは、日本に比べて少なかったように感じます。たとえ、そのような経験をしている人がどんなに多かったとしても、日常生活に支障をきたしているなら、それは「障害(疾患)」と見るべきなんですよね。少なくとも、私はそういうスタンスで当事者の方々をサポートしていました。

日本では、精神疾患の患者数が多いにもかかわらず、そういった意識が薄いように感じます。 その良い例が、「死にたい」と思った時のセーフティーネットが極めて脆弱であることだと考えています。

アメリカでは、自殺念慮に関しては、「自分の身の安全を確保する自信がない」となると、その場で入院です。入院施設へは救急車ではなく、身内の人、福祉関係者(ケースワーカーなど)、または警察(!)が連れて行きます。警察が連れて行く場合には手錠をはめられます。

ちなみに、私の場合、ケースワーカーはいなかったので、「身内の人間」か「警察」の選択肢しかありませんでした。私は手錠をはめられてパトカーに乗るのはどうしても嫌だったので、通っていた教会の牧師さんに来てもらいました。(聖職者は「身内」として認めてもらえました)

日本では「そんなの大袈裟すぎ!」と感じる人が多いかもしれません。でも、正直、あそこまでしてくれなかったら、私は生き長らえた自信は全くありません。あの時、私の入院の際にお世話になった方々は、私の命を救おうと本当に必死でした。「私は自分の命なんてどうでも良い、と思っている。なのに、この人たちは、その命を大切にしてくれている。」と思って涙が出てきました。

人の命が関わる問題なのですから、自殺念慮に対する対応は、これぐらい大袈裟でちょうど良いぐらいだと思っております。

今回、精神疾患が「五大疾病」のひとつになるわけですが、精神疾患による自殺を減らす対策も真剣に取り組んでいただければ、と願っております。


2011年7月8日金曜日

「勝利をのぞみ」~七夕の祈り~

七夕の短冊が下げられた笹を見て、ふと口ずさんでしまう歌があります。
We Shall Overcome

We shall overcome, we shall overcome
We shall overcome someday
Oh, deep in my heart, I do believe
We shall overcome someday

アメリカの公民権運動の象徴とも言えるアフリカン・スピリチュアル(黒人霊歌)で、現在では讃美歌としても歌われています。

この歌の日本語版で好きなのは讃美歌21。
471番の「勝利をのぞみ」の4節は素晴らしいものがあります。

平和と自由 主はいつの日か、
与えてくださる。
ああ、その日を信じて
われらは進もう。
そして、これが私の七夕の祈りです。


御在天なる御神様、御名を賛美いたします。

日々続く天候の厳しさや、忙しさの中で兄弟姉妹のために祈ることを疎かにしがちである私の罪をここに懺悔いたします。

今日の七夕の日、私は世界中の人々一人ひとりの心にあなたが平安を賜ることをお祈りいたします。

今年は震災や原発事故があり、我が国でも厳しい避難生活を強いられている方々が大勢いらっしゃいます。また、震災によって様々なものや大切な人を失い、心に傷を負った兄弟姉妹もいらっしゃいます。どうか、この困難を彼らが乗り越えることができますよう、お力添えを与えてくださいますように。

人々が隣人愛をもって、お互いを支えあうことができますように。

そして、神様、何よりもこの世界に平和をもたらして下さい。
貧困や差別、戦争のない社会が実現しますように。

これらの祈りをわれらの救い主、イエス・キリストの御名によって御前にお捧げいたします。
アーメン

2011年7月6日水曜日

私の「タイプ」って???

(この投稿は、かなり「くだらない」です。)

ふとしたことで、「Saraの好みの男性ってさ、」と女友達に切り出されました。
彼女から見た私の「タイプ」は
  • アカデミック(特に心理関係の分野)
  • 私よりも優秀で、学歴は大学院以上
  • 年上
  • お育ちが良い
  • 国際派
  • 敬虔なクリスチャン
だそうです。

う~ん、5割方正解かな?

「アカデミックな人」についてですが、私は心理や精神医学系の学会に行くのが好きなので、「学術集会デート」が1番好きなデートコース(?)の1つです。こういった背景から、アカデミックな人を好きになる傾向があるように思います。

「お育ちが良い」は△かな。×ではないけど。
あと、「国際派か否か」「クリスチャンか否か」については、実はどうでも良い、と思っています。


それにしても、私自身、あまり自分の「タイプ」を意識したことがありませんでした。
なので、ここで思いつく範囲で箇条書きにしてみます。
  • 心理学や精神医学といった分野でアカデミックなことに明るい。
  • 自分よりずっと年上だけど、少年っぽい無邪気さを持っている。
  • 背が高い。
  • がっしりとした体型。
  • よく笑う。笑顔が可愛い。
  • 冗談で「自分はスゴイ」的なことを言っていても、実は謙虚。
  • 大らか。
こんなところでしょうか。
最初の4つは非難されそうな気もしますが、私にとっては結構重要項目だったりします。
そして、贅沢を言えば、日本人の場合、一人称は「俺」ではないほうが良い、というのもあります。

しかし・・・数ヶ月前、ある男性にこんなことを指摘されました。
「あなたが、同世代の男性と付き合っているのって想像がつかないですよ。最低でも10歳~15歳は離れているイメージですよね。」

?(゚_。)??(。_゚)?What??? Why?????
なぜに???
だれか教えて下さ~い!!!

2011年7月5日火曜日

どんなときでも

今週の夕礼拝のお説教の中で、「どんなときでも」という素敵な讃美歌が紹介されました。
歌詞も素敵なのですが、その背景のストーリーを知り、その言葉の持つ光に触れたきがしました。

作詞をしたのは、高橋順子ちゃんという女の子。
順子ちゃんは福島新町教会のCSに通っていました。
骨肉腫という苦しい病気と闘いながら、わずか7歳で天に召されました。

そんな中、書かれた詩です。

どんなときでも

1.
 どんなときでも、どんなときでも、
 苦しみにまけず、くじけてはならない。 
 イェスさまの、イェスさまの
 愛をしんじて。

2.
 どんなときでも、どんなときでも、
 しあわせをのぞみ、くじけてはならない。 
 イェスさまの、イェスさまの
 愛があるから。
 

私は特に2節が好きです。
苦しみの中にある時、私は「苦しみが遠ざかること」ばかりを願ってしまい、「幸せを望むこと」を忘れてしまいます。
その過ち(?)によって、私は神様の御恵み・神様の愛から遠ざかってしまっているんですよね。
順子ちゃんの「しあわせをのぞみ、くじけてはならない」という言葉は、そんな私のかたくなな姿と、そんな私にも御恵みを与えて下さる主の愛に気付かせてくれます。

この歌を口ずさんでいると、自然と涙がこぼれてきます。

<過去ログ>
Happy Easter!!

前糖尿病患者の早期スクリーニング

第71回米国糖尿病学会で発表されたものです。

前糖尿病患者の早期スクリーニングに7つの質問からなる簡易テストが有効
米疾病予防管理センター(CDC) Kai Mckeever Bullard氏

「7つの質問」というのが、なんともキャッチーですよね。
その「7つの質問」がこちら↓↓↓
  • 出産時の体重が9ポンド(約4,000g)以上の子を出産した経験がある(1点)
  • 兄弟の糖尿病歴(1点)
  • 両親の糖尿病歴(1点)
  • 身長に対する標準体重より重い(5点)
  • 65歳以下でほとんど運動しない(5点)
  • 年齢が45歳~64歳(5点)
  • 65歳以上(9点)
当てはまるものの点数を合算してみてください。
点数が高いほど糖尿病のリスクが高くなります。
Kai Mckeever Bullard氏は、「前糖尿病、または診断されていない糖尿病患者の識別に、今回用いたスクリーニングテストが有効であることが分かった。ハイリスクの患者を識別するには、カットオフ値をスコア9点以上とするとよいだろう」とまとめた。
とのこと。

私は0点でした。
でも耐糖能異常がありますので、実は糖尿病のリスクは高かったりします。

この質問リストには出てきませんが、「糖尿病を引き起こす病気を持っている」というのがあってもよいのかしら?と思いました。

まぁ、そういった弱点はありますが、便利なスクリーニング・ツールだと思います。

2011年7月3日日曜日

「電池が切れるまで」 子ども病院からのメッセージ


昨日、ふと本屋さんに行きたくなりました。
お薦めコーナーを見ていると、1冊の本が目を引きました。

長野県立子ども病院の子ども達のかいた詩画集です。
2004年にドラマ化したそうなので、この本のことをご存知の方は多いと思います。
でも、私はその頃ミシガンにいたので、ドラマのことはもちろん、本のことも知りませんでした。


さっそく本を開くと、宮越由貴奈さん(小学4年)の書いた「命」という詩が目に飛び込んできました。

命はとても大切だ
人間が生きるための電池みたいだ
でも電池はいつか切れる
命もいつかはなくなる
電池はすぐにとりかえられるけど
命はそう簡単にはとりかえられない
何年も何年も
月日がたってやっと
神様から与えられるものだ
命がないと人間は生きられない
でも
「命なんかいらない。」
と言って
命をむだにする人もいる
まだたくさんの命がつかえるのに
そんな人を見ると悲しくなる
命は休むことなく働いているのに
だから 私は命が疲れたと言うまで
せいいっぱい生きよう

由貴奈さんは、この詩を書いた4ヶ月後に「電池が切れて」しまいました。
それでも、その11年という命の中で得たもののエッセンスがこの詩のように感じます。

158ページで、かなりスラスラ読めてしまう本ですが、そこに書かれた言葉のひとつひとつには重みがあります。立ち読みで読み終わってしまったのですが、今度は1人でゆっくりと読みたくなったので、購入しました。

今、この瞬間にも、ここに出てくる子ども達のように、精一杯頑張って生きている子ども達がいるんですよね。そう考えると、私も生きることを簡単に諦めてはいけない、と思いました。

2011年7月2日土曜日

エビリファイ5日目-ようやく

今日でエビリファイ開始から5日目です。
主治医に相談して夜服用に変えてから、かなり良いです。
顕著な改善は
  •  ぐっすり眠れるようになった。
  • 朝、起き上がれるようになった。
  • 動き回れるようになった!!!
  • 倦怠感が改善した。
  • 自殺念慮が無くなった!!!!!
  • 「生きていてもつまらない」という気持ちが弱まってきた。
といったところ。
副作用についてきちんと主治医と相談しながら、とりあえず続けてみて良かったです。私は、初期の悪化で怖くなって中止してしまう、ということを他の薬でも続けてきたように思いますが、今考えると、主治医には本当に申し訳なかった、と思います。

今回のエビリファイに対しては自分なりの考察があったため、私自身、副作用に文句を言いながらも服薬に納得していたせいか、かなり頑張ることができました。

いまだに自分が抗精神病薬を服用していることに対して、全く抵抗が無いわけではないですが、これで少しでも自分のしたかった事ができるようになるのだったら、このお薬とも上手に付き合っていきたいな、と前向きな気持ちに変わりました。

既にエビリファイには愛着が湧いてきました。私はAbilifyという英語名の「出来るようにする」という意味が好きなので、あえてAbilifyにはあだ名を付けず、英語名で呼ぶことにしました。

Dear Abilify,
I hope we'll be good friends, and, together, we can extend my ABILITY!
なんちゃって。

<過去ログ>
エビリファイ3日目
エビリファイ2日目
エビリファイ、1日目
エビリファイ開始!