2011年6月28日火曜日

エビリファイ開始!

1度目のチャレンジ(アメリカ)

2007年11月、アメリカでの2度目の精神科入院の際、Abilify (エビリファイ)20mgを処方されましたが、その際、退院後にひどいアカシジアと排尿困難に苦しみ、それを苦に自殺を図り、すぐにERに戻った、という苦い経験があります。15mgに減らしても変わらず、結局、中止になりました。20mg出したからと言って沈静作用があったわけでもなく、私は逆にイライラしてしまい、ツライ副作用しか感じることができませんでした「Abilifyなんて2度と飲みたくありません!」ときっぱり宣言したお薬です。 結局、失敗に終わっております。

当時の処方
  • Effexor(300mg)
  • Remeron(7.5mg)
  • Abilify(20mg)

2度目のチャレンジ(日本)

1度目の失敗のトラウマから、「Abilifyはアカシジアが怖いから絶対に嫌!」というスタンスでいた私に、2010年3月に「少量ならアカシジアは出ないと思いますよ」という主治医。この頃には、主治医との信頼関係がしっかりと出来ていたので、先生の言葉を信じて3mgを開始。しかし、すぐにイライラ・攻撃性が出てしまい、3日後には中止。リスパダール1mgに切り替えとなったのでした。

当時の処方
  • ストラテラ(20mg)
  • エビリファイ(3mg)
  • ドラール(15mg) 
  • メイラックス(1mg)

3度目のチャレンジ(今回)

昨日の診察で、私の方から「エビリファイの1.5~3mgを試してみたいんですけど。」と切り出しました。先生、「ごく少量ならうまく行きそうだよね。3mg錠を出しておくから、半錠にして。」とのこと。かなりすんなり出して下さいました。これで、イライラが出なければOKです。

現在の処方
  • ストラテラ(40mg)
  • ジェイゾロフト(25mg)
  • エビリファイ(1.5mg)
  • エバミール(1mg)
  • ワイパックス(1mg)
これでどう変わるか、楽しみです。


<過去ログ>
また予約外で精神科受診。。。
薬に弱すぎ!
「10ヶ月前の宿題」の答え

0 コメント:

コメントを投稿