2011年6月19日日曜日

父の日に華道の研究会

今日は父の日でしたね。
私は今年、初めて聞いたのですが、父の日ってひまわりなんですか?
アメリカでは教会で、バラの花をお父さん方にお渡ししておりましたが…。
ひまわりを送るって新しい習慣なのでしょうか?それとも、昔からあったけど、私が存じなかっただけなのでしょうか?

でも、ひまわりを贈るって素敵だな、と思います。
なんと言っても、花言葉が父の日にぴったりだからです。
「敬慕」、「光輝」といった言葉。
(他には「あなただけを見つめる」なんていうのもあるので、恋人に贈る花としても使えますね。)

そして、今日の研究会では花材にひまわりがありました。
まずは、先週、練習に生けた作品。

そして、今日、研究会の会場での私の作品↓↓↓
 (ピンぼけしてて、すみません!)
練習の時よりも大幅にぎぼうしの葉が小さかったので、苦労しました。
でも、練習の時より、ひまわりの花の使い方は成功しております。
効果的に力強さを表すことができたので、私としては満足です。

今回も、佳作をいただきました

ということで、今日はこの作品を全ての「お父さん」たちに贈ります!
Happy Father's Day!!

0 コメント:

コメントを投稿