2010年3月9日火曜日

O先生とH先生への懺悔(ざんげ)

「生きてるか~い?」とよくメールが来るので、そろそろブログも更新しないとなぁ、と思い登場(苦笑)。

今日はいつも一生懸命に私の診療をして下さっているTW病院のO先生とH先生への懺悔の投稿です。

私が「O先生とH先生には懺悔しなくてはいけないことがあるんだよ。 いつかは伝えたいんだけど、やはり言えない。だからお祈りのときに神様に告白するんだよね。」と友人に話したことがあります。その友人は「懺悔」というのがいかにもクリスチャンだ、でも、そんなのアップされたらおもしろそう、なんてわけの分からないことを言ったのでどうぞ!

おそらく全然面白くないと思います!!

まぁ、このブログの「つぶやき」といったお題には沿った内容だとは思いますが。
ちなみに、手紙形式です。

O先生への懺悔はおそらく今週の木曜日に、この文面の内容通りで、ご本人にすることとなりそうです。はぁ、気が重い。

H先生に対しては、体重や食事、T3の話が出たら正直にこの文面の内容通り、お話いたします。

----------------------------------------------------
神経精神科 O先生

この1週間、本当に色々ありました。ソーシャルワーカーさんにもお話して、自立支援の申請を勧められたので、木曜日にご相談させて下さい。区の保険センターに書類を取りに行ったのですが、帰宅してから拝見。見た瞬間に青ざめました。既往を細かく記入する必要があるんですね。まだO先生にお話していないことが実は結構あるので、表形式に時系列で情報を整理したものを準備する予定です。

入院歴(精神科)など、実はまだ詳しくはお話していません。私は男性を警戒する傾向があるので、実はO先生とも信頼関係が築けたのはつい最近なんです。実に2年かかりました。一生懸命やって下さっている先生になかなか心を開けなくて、申し訳ありませんでした。今、考えたら非常に非協力的な患者だったことと思います。

木曜日に今までの既往を表にしたものをお持ちいたしますが、恐らく先生を驚かせることになるかと思います。自殺企図についても全くご報告できずに、つい先日のご報告となってしまい本当にごめんなさい。 2年前の初診の際にこういった既往の書類をご用意するべきでした。そうすれば、もっと順調に治療が進んだことと思います。

特に先月色々お話したときは先生も驚いたことと思います。「う~ん、まぁ一筋縄には行かないケースってことだね。」とおっしゃっておりましたね。すいません、面倒な患者で。でもO先生が「安心できる先生」であることが分かったので、これからは隠し事をせずに治療に協力し、1日も早く社会復帰できるよう、努めて参ります。O先生との約束、いつも心に留めていますよ。

今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------
内分泌内科 H先生

いつもお世話になっております。先日は焦燥感から外来中であるにもかかわらず、院内PHSにまで連絡をし、しかも夜中にEメールまでしてしまい、ご迷惑をお掛けいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。こういう患者が一番困りますよね。すいません。それにもかかわらず速やかに対応して下さったH先生の優しいお心遣いに感謝申し上げます。

また、毎回毎回「fT3が低い」「私、Low T3 Syndorome になるような疾患、無いんですけど。」と生意気なことを言っていたわけですが、病識が無かっただけで、これも摂食障害のせいなんですね。振り返ってみますと、先生は何度も私に「栄養状態が悪いんじゃない?」「最近痩せた?」と尋ねていましたね。完璧に無視していました。先生からしたら「それが理由なんですよ」とやんわりと教えて下さっていたんでしょうに、私は他に理由があるはず、なんて勝手に思い込んでいました。

今でこそ認めますが、私は月経がまだかろうじてある摂食障害の患者です。体重を尋ねられた時、2~3キロ足した数字を報告したことがあります。体重が増えることに恐怖心を抱いています。摂食障害とは15歳からの付き合いで、一度軽快しましたが、去年からひどくなっているんだと思います。検査入院の際、ご担当のN先生には「今は摂食障害の症状は全くありません」なんて言いましたが、あれは正直な発言ではありませんでした。体重に関して、また食行動に関してのご報告が不誠実で申し訳ありません。これからは私の知る範囲で、正しい情報をH先生にはお伝えするよう、努力いたします。

こんなどうしようもない患者に対しても、いつもいつも本当に丁寧な診療をして下さりありがとうございます。多くのH先生の患者さん同様、私もH先生の大ファンです。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

0 コメント:

コメントを投稿